今日も元気一杯!

htokuyama3.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2005年 09月 30日

飛行機事故

テレビを見てたら カナダのケベック州のローレンシャン高原の 水上飛行機事故が・・・

 ニューヨークの テロのあと 2週間後に 今回の事故にあった人たちと同じ場所で 同じ水上飛行機で 空の上から メープルの紅葉の絨毯を 飛行機の上からみて 感動したのだった

 当日も 風が強ければ飛びません。。と言うことで opだったので 夫は遠慮すると 湖のそばで見送ってくれた

 今回は 午後のフライト 私は午前9時だった 確か 乗る前日の午後はやはり 湖上は風が強かった。。

日本人の男性一人が 体が挟まり脱出できずに亡くなったとか・・湖面に ひっくり返って水に漂っている 小型飛行機が映されて 楽しい旅行が悲しい人生の結末になり 同乗され 助かった奥様のつらい心を思い 思わず 合掌した

この季節の カナダの紅葉の綺麗さは 日本の紅葉とは比べ物にならないスケールと色の素晴らしさ。。一度是非 行って見られることをお勧めですが。。水上飛行機は 。。。。

[PR]

by htokuyama3 | 2005-09-30 22:14 | Comments(0)
2005年 09月 25日

秋の味覚

ことしも 庭の日陰に 菌を植えた 平茸が出たよ。。と夫が言う  

どれどれと
ボールを持っていくと 綺麗な 平茸が 出てる
e0014991_20104660.jpg


  さっそく取って 今夜は ステーキなので バターソテイして添える 平茸のお澄ましが美味しいので ステーキには 不釣合いだが お澄ましも作る

 我が家は 屋敷の中に 竹やぶ 栗林もあり 秋の味覚は 居ながらにして 次々と収穫を楽しめる

e0014991_208591.jpgあと 10日もすれば 次は アケビが紫色に 色つき いかにも 秋到来である

[PR]

by htokuyama3 | 2005-09-25 20:12 | Comments(0)
2005年 09月 24日

障子の張替え

我が家は 北陸の 山村地帯 家は 純和風の日本家屋である
母屋は 建て替えたので 築40年余 離れは築 90年は経ってる

昔は かなりの田畑 山林を有する 庄屋 だったので やたら 家屋敷が広い
今は 使用人もいないので 広い家に 夫と私と二人きり うんざりするほど広いので
掃除も草むしりも 私一人ではとうてい 出来きらない

元々 掃除の類は 苦手・・  入院中の 父は かねてより 死んだら 自宅葬を希望
姑も 嫁の私同様 掃除は嫌いで何か有ると〔法事などの人寄せや 夏など親戚が集まる時は 他人を雇って家中を掃除してもらっていた) でも 私たちは 幸い まだ体力も時間もあるし 第一 他人に頼めばお金が要るので 自分たちですることにしている

 他人に使うなら そのお金で 旅行などで有効に使いたいし・・

  話が飛んだが 先だって ご近所で お葬式があった 御通夜当日のお昼 お手伝いの人たちが 慌てて障子の張替えをしてた そこで 我が家の障子も かなり 古く 汚れてるので
張り替えるのには 暑くも寒くもないこの季節に 二人ですることにした

 先ず 仏間から。。 書院 戸 欄間 とそれぞれ サイズの違う障子が入っている
こちらは 近くに 建具職人のいる 田鶴浜という町に近いので 手の込んだ素敵な障子が入っている

  古い紙を はがし 綺麗に雑巾で 汚れを取って 細かい桟の間の 埃は 桟をいためぬように細心の注意を要する

  
e0014991_21223260.jpg
書院の障子などは 家紋まで組み込まれていて 手が込んでいる毎日 一部屋ずつの予定だが こんなとき 都会のコンパクトな家がどんなにか 良いと思う
ついでに 自宅葬でなくて 会館葬なら もっと楽なのに。。お掃除嫌いな私は 切に そう思う 

[PR]

by htokuyama3 | 2005-09-24 21:02 | Comments(0)
2005年 09月 23日

自然はすごい

秋のお彼岸が来た

何気なく 庭に出てみると 今年も 真っ赤な マンジュシャゲ〔彼岸花〕の花が
あちらこちらに 咲いている

埼玉にいた時 高麗川に 巾着田というところがあり見事な花を見に 3時間もかけて出かけたことがある

 川が蛇行して 巾着のようなかたちの 田んぼに 彼岸花が 群生してこの季節一斉に咲く 確か 10万本と聞いたような記憶がある

中には 白い彼岸花もある きっと今頃は 沢山の写真マニアも 訪れているだろう

巾着田には 到底 及ぶ術もないが 庭の彼岸花を見て 埼玉を思い出して 少し センチになる、、

e0014991_21322785.jpg
そんな時 向こうの友人から メールが1通 手紙が1通。。
寂しかった心が ホワンと 暖かく明るく 真っ赤な 彼岸花のように 華やいだ

[PR]

by htokuyama3 | 2005-09-23 21:24 | Comments(0)
2005年 09月 21日

流行に乗って

いつだったか テニスの 杉山愛選手の 遠征先に 密着取材での ホテルの部屋においてあった ジムボール。。
よさそうだなあ。。。欲しいなあ・・と思っていた

先日 遊びに来た友人二人が そのボールで色々運動をしてる話を聞き さらに
欲しい 欲しい病になった 

近くの ホームセンターには ¥1300 でおいてある
友人たちは ¥980で買ったから 送ろうか?とも言ってくれたが 送料をかけては無駄!安く出ないかなあ??と思っていたら 今日の チラシに な なんと ¥598

早速 クルマを 10キロ離れた 隣の市まで・・

有った 有った いつまで使うかなあ??と思いながら  早速空気入れを使い 膨らます
なんとも 良い感触 パソコンの椅子代わりにも ちょうど良い高さ

e0014991_2135923.jpg
今も お尻を前後に揺らしながら 書き込みする・・・日頃 私はあまり 流行に飛びつかない性格だが 今回は ついつい 欲しくなった 可愛い ピンク色 気分まで明るくなる
あ~~~楽しいな!

[PR]

by htokuyama3 | 2005-09-21 21:05 | Comments(3)
2005年 09月 20日

10年ぶりに 革工芸

娘が 3歳のときから レザークラフトを習っていた
月2回の教室は 子育てをしながら お花を教えながら 主婦しながら。。 ちょうど良い時間だった
それ以来 かれこれ 20年近く 遊び半分で 習っていた

道具も 少しずつ 揃えたので いつでも出来る 夫の会社に行くかばんも オリジナルで 2個作ったっけ・・
  小物は お友達にプレゼントすると とても喜ばれ 先生は 意欲的な方で
アメリカンクラフトから あざみしきの和風のものまで 色んなものを教えてくださった

 こちらに着てからも 小さいものは時々作っていたが バッグは パッチワークを習い始めたこともあり ここ10年くらい作っていなかったe0014991_21223436.jpg

  ネット仲間の Sさんの 素敵なバッグをみたとき まさに 一目ぼれ!
欲しいなあ・・から 作って見れないかなあ?  そして 意を決し Sさんに 材料を分けて欲しい旨のメールを・・

 優しい Sさんは ご親切に 材料と 作り方もメールで教えてくださって お盆明けから 少しずつ 暇を見つけて トレース カッティング などをへて ようやく 仕上げることが出来た

e0014991_21235455.jpg

  流石に 先生の作品とは 雲泥の差 まあ 当然なので 私としては オンリーワン
比較など おこがましい。。

  最近 ネット仲間の 工芸作家さんたちに 刺激を受け 昔取った杵ズカ?  でもないが
また 今まで 見につけたものを 再開したいなあ。。本当に良い機会を有難う。。
近日中に このバッグでお出掛けしなくちゃ・・・

[PR]

by htokuyama3 | 2005-09-20 21:06 | Comments(0)
2005年 09月 19日

大安吉日

今日は 大安吉日
 来月 親戚で 2つの結婚式がある 1つは 近所の親戚の息子さん
同じ日に 甥の結婚式

  親戚のほうは ご招待状が来てる 甥のほうは グアムで 家族だけで挙式 披露宴はしない。。〔多分会費制で友人とのパーティーはするのかも?〕

だが 可愛い甥っ子なので お祝いを届けることに・・

こちらの習慣では お祝い金のほかに お酒を2升そえるのが 習慣らしい
ずっと関東で暮らしていたので 以前知らないで 姪っ子のときは お祝い金しか 上げなかった。。

そして 娘のとき あちこちから お祝い金とお酒が 沢山届き 夫は日本酒を飲まないので 困ってしまった 

その次に 親戚の娘さんが結婚するとき そこのご主人も夫同様 焼酎党なので お酒の変わりに 他のものにしましょうか?と相談したら 

田舎では 床の間にずらりと並ぶ お酒の箱の数が 自慢で 少ないときは 空箱に飾りのしをつけてでも 並べるそうな・・我が家は 本家なので 一番目立つ最前列に、、よって 他の方よりも多く お酒3升の箱入りにするはめに・・・

 
e0014991_21411885.jpg
金沢の 水引飾りは有名で この飾りだけでも ¥1000以上する
7月8月9月。。お葬式2件 結婚式2件 いたい出費だが おめでたい出費は 嬉しい出費でもある

[PR]

by htokuyama3 | 2005-09-19 21:26 | Comments(2)
2005年 09月 15日

活き活きライフ 84歳


  母は去年から 金沢の老人ホームに入っている

秋に 文化展があり 去年は 師範免許を持つ 和紙人形を出品して 入選した

 今年は 本を見て パッチワークのベッドカバーを出すと 春先から 可愛い ボンサンスーの
デザインとデコイ 花 少年などを 自分で図案化し 少しパッチワークを習ってる私に 聞きながら〔ステッチやキルト綿の入れ方などを。。) シングルベッド用のサイズのものを作った

 出来上がったから見に来て。。との電話に 外出のついでに出かけると ロマンチストの母らしく 可愛い作品が出来ていた

 母は昔からとても気が若く 美人でスタイルも良くて 幾つになっても 常に綺麗でいたい・・人
娘の私が たじろぐほど 美に対しての興味が深い

 
e0014991_14101417.jpg
年齢相応、、というのは 時々 もう歳ね・・と甘えるときだけ・・今年も入選するといいね。。と言
いながら 見せてもらった<by clear=all>e0014991_14123672.jpg
[PR]

by htokuyama3 | 2005-09-15 13:58 | Comments(2)
2005年 09月 10日

のどかな 秋祭り

今日は 我が町内の 豊年満作御礼の 秋祭り
どんどん 都会に人が出て行き 町内全員で お祭りを行う

  近隣に兄弟や子供のいる家は 皆が寄って ご馳走を食べて賑やかだが
我が家は弟たちは仕事が忙しくて わざわざ 来ないし 私たちの子供たちも 遠く離れた 関東地方 中部地方 にいて ここで育っていないので 秋祭りにも愛着もないし 遠いので交通費や時間をかけてくることもない

 友人を招待しようにも 夫は役員のため ずっとお神輿について廻り 夜中のフィナーレにならないと お役御免に ならず 去年も 一昨年も 私は一人のんびりと過ごした

 毎日一緒なので 逆に 自由時間が持てて嬉しいくらい。。

 去年は 分家がお神輿招待だったので お手伝いに行き 孫たちに晴れ着を着せてあげたり 頭を結ってあげたり。。ついでに一緒にご馳走になって 分家でお祭りを過ごした 田舎ってこんな 家族的な嬉しいこともあるのだ

  今年も 一人なんでしょ? 小姑さんや 娘 孫も着てるから いらっしゃいよ~と誘っていただいたが 明日から東京の友人たちが来るので ご馳走の準備に忙しく 遠慮した

  神社は 我が家のお隣 午後1時に お参りがあり 2時に神主さん2人を従えて
お神輿 子供の奉灯 青年団の獅子舞が町内を 廻る

 途中 お神輿招待の家で 休憩〔酒 肴の振る舞い有り〕 それが一巡してお宮さんに帰るのが深夜になる

  去年 数十年ぶりに 途切れていた 旗が出来て 旗の下に飾る 猿子を作ってあげたので
旗のそばをとおると 一寸嬉しく 何度も 紐が 切れたないだろうか?と気になる

   e0014991_14381768.jpgなれぬ田舎暮らしではあるが こんなことでも小さな参加ができて嬉しい
獅子舞も 都会のお正月の獅子舞とは違い 蚊帳の中に 4~5人入り 天狗さんとの対決はストーリーが有って なかなか面白い 夏の間練習した 成果もでて のどかなとても良いお祭りである

e0014991_1448119.jpg
[PR]

by htokuyama3 | 2005-09-10 14:15 | Comments(0)
2005年 09月 08日

ささやかな幸福感

e0014991_2044249.jpg私は元来 社交的で何処ででもくらせるという自信があった

親戚もいない東京で暮らしたいと言う希望で それもクリア。。もっとも東京に友人が多くて 親友が関東に結婚していったのもあった。。

ただ 何処ででも 外国でも暮らせれる。。という自信があった そして 親戚も 親兄弟もいない都会で 仕事が忙しい夫は子育てもすべて私任せだった そこででも たくましく 地域にも溶け込み 友人も一杯作り 28年快適に過ごしてきた

5年前こちらに転居 夫の生家 実家には車で30分。。それなのに 価値観の違い 言葉の違い・・・何たることか!

同じ日本 外国ではない。。というのに 生まれたことも育ったことも無かった関東のほうが 何故かしっくりしていた。。最初から違和感が無かったのである。。。

先週 関東から友人夫婦が遊びに来てくれた 夫も私も 話す言葉が 弾んでいる!
こちらに転勤してきた長男が月に一度 我が家に帰ってくるときも同じ・・・来週 また別の友人二人が東京から遊びに来る 千客万来! 多分 機関銃のように 標準語でおしゃべりするんだろうなあ・・・ささやかな 至福のひと時である・・・

[PR]

by htokuyama3 | 2005-09-08 20:44 | Comments(4)