<   2006年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2006年 01月 29日

舞台で踊る

隣の町と合併して 初めての 生涯学習フェア が 文化ホールで行われ ロビーには 生け花や  ペン習字 編み物などの 展示

 大ホールでは 生涯学習に貢献を果たした人の表彰と 記念講演会 これはわが町出身の 美人の大学助教授のかた  そして コーラスグループ と 太極拳 そして 私達のレクダンスの 発表があった。

 舞台の上で 12人の代表(? 舞台の上で 観衆を前に踊りたくないと言う人が およそ10人参加辞退 )が踊った。

 曲目は 沖縄の 花  と ヒマワリワルツ〔八代あき〕

  平均年齢68歳くらい。。40代が1人 50代が2人 あとは 70代のお姉さまも3人くらいという 面々で 日頃のお元気は何処へ?というくらい 緊張してる人 元教員の方たち〔3~4人)は やはり アガラズ 堂々・・

 出入り 10分の舞台での レクダンス 流石に 練習を重ねた甲斐があり パーフェクトに近い 出来栄えだった。月に2回 2時間の練習は 全身運動で 音楽に合わせ 体が軽くなる
もっともっと 会員を増やすための デモンストレーションだったのだが。。。
はたして  会員が増えるかしら? 楽しい久しぶりの晴れ舞台だった。

[PR]

by htokuyama3 | 2006-01-29 21:22 | Comments(0)
2006年 01月 28日

革の小銭入れ講習会

地域の 婦人会の 親睦を目的の 講習会を開いて欲しいと頼まれ
革工芸をと希望された。 去年の 県政視察バス旅行に 自分で作った 皮革のバッグを持っていったのをみて 皮革工芸を 習いたい という 希望があったためだが いざ 道具を買うとなると なかなか 話がまとまらず 最初は 道具のいらない ものでと散々考え
水性サインペンで 彩色する 小銭入れに決定!

 ころ柿の仕事の終った 農閑期の 今日開くことになった。 幾種類かの図案を用意し
革をぬらし トレーシングペーパーに描いた図案を上からなぞり 跡をつけ そこに サインペンで色を塗るという 簡単な物  皆さん 子供のころを思い出し 塗り絵の感覚で とても楽しそう
 そのうち 私が持っていった 革の刻印なども貸してあげ 革用の 塩基性染料でも 色をつけてあげ 皮ひもで綴じて出来上がり

 セットの物を用意したため あらかじめ ボタンやホックなどもつけてあり 仕上げに クリアラッカーをスプレーした。 
 
 11人の全くの初心者相手なので 3時間 忙しくて デジカメを撮る暇もなく  それでも 皆さん 楽しいと言ってくださったので 私も嬉しかった

 この町の人はみんなとても働き者で あまり 遊ぶことをしない せめて 農作業の暇な時くらい 親睦を兼ねて 楽しいね。。という意見が出た

 農業をしながら 企業などで働き 子育ては お婆ちゃんが担当  若いうちは 良く働くのである。。でもね たまには 遊ぼうよ。。と言いたいな 主婦が習い事をするのは かなり贅沢な感じなのか あまり 見かけないし 働いてる人に 遊ぶようで遠慮があるのかな?

次回は お花の ブローチをという希望もあり また 皆でおしゃべりをしながら 楽しいときを過ごせたらいいかなあ? こんな私でも 地域のお役に立てるなら 幸せなことだ。

[PR]

by htokuyama3 | 2006-01-28 20:58 | Comments(0)
2006年 01月 24日

沖縄の旅 最終日2

旅の目的 壷屋焼きは手に入れた。。お昼になり 今日は 牧志公設市場の中の食堂に行く 1階は 肉屋さん魚屋さんなどの食品がゴチャゴチャ。。南国のカラフルな魚を 買って2階に持っていけば調理してくれるなど 活気がある
e0014991_23104714.jpg
こんな綺麗な お魚や 豚のマスクそのものなど色々売っている
以前ここを訪れた時は 安い牛肉を沢山かって帰ったものだが アメリカ牛の騒ぎで 牛肉が目に入らない。。
以前ここでカラフルな えらぶ鯛の刺身を買って食べたが あまり美味しいとは思わなかったので 今回はお刺身はパスすることにした。そこで 今日の昼食は こちらに来て ずっと 沖縄料理オンパレードだったので 私は ステーキがいいなと初めて自分の意見を主張する。。

主人は最近あまりステーキを欲しがらない。。でも 2階の食堂は 何でもありで 4つくらいのお店が 垣根がなくて 机と椅子がぎっしり そこに サラリーマンや観光客が少し。。壁にはぎっしり お品書き。。中には 下のカラフルなお魚を持ち込み料理を頼む観光客もいるが・・観光客は 余程の通。。沖縄の人が多い 和 洋 華 なんでもある!

 夫は 焼きビーフンと 豚の角煮 私はステーキセットを注文 写真は流石にここでは撮れない・・とても残念 

 ステーキは 200gのサーロイン コーンスープとご飯 モズクの酢の物がついて ¥1200 まあ お肉の柔らかくて美味!これで ¥1200 とは 2.3回続けてきてもいい感じ! 

主人の焼きビーフンも美味しい ビーフンは台湾人の知人から教えてもらい 私の十八番 結構 本格的なのだが ここのも 台湾に近いので同じ味がした 東京などで 焼きビーフンを食べても 一度も 合格!と思ったことがない でもここのは100点である。それでも¥600 豚の豚ポーロもいれて二人分 〆て¥2500 昨夜のお高いディナーより美味しく感じられた。。。

腹ごしらえの後は 市場内をブラブラ、、布地屋さんが目に入る 紅型プリントの テーブルクロス用の生地に目が行き 購入 といっても安い物だ。。お金も使い果たしたし 空港に行こうか?と言うことになり 2年前に開通したモノレール ゆいれーる(ゆいとは つなぐと言う意味らしい)にのって 空港に
e0014991_23294865.jpg

モノレールは渋滞がないので 飛行機に遅れることもなくていいなあ。。都心から 15分で空港に着く
那覇からの羽田便 15時45分初 ジャンボ機はガラガラ。。一人ずつ 窓際に分かれてのんびり座る・・でもすぐに日没で景色は見えず残念。
乗り継ぎに1時間半あるので 羽田で夕食 久しぶりに お寿司を食べる。
 雪で引き返すかも?との放送がかかる このまま 関東の我が家に帰りたいなあ。。電車で1時間一寸で帰れる。。金沢には帰りたくないなあ、、なんて思い 友人に 今 羽田。。とメールするとすぐに携帯に電話がかかる。。 やはり 友達はいいなあ。。 でも 羽田発19時35分発最終便で 小松空港に 無事到着。。そこは一変 雪景色・・・日本は 長いなあ 南国と北国だ

高速道路は猛吹雪 海岸沿いの有料道路に乗ったら 雪はなかったが 午後10時半無事帰宅 気分転換の2泊3日は大好きな飛行機に4回も乗れて おさんどんからも開放されて 命の洗濯をすることが出来た
実家の母が 温泉にでもと去年 御小遣い をくれたのも有意義に使えて 幸せ!母にも感謝 留守の間 義父も 母も 元気でいてくれて 感謝。。なによりも 旅行中 怪我や病気にならずに これも 感謝だ。。明日から また元気で 頑張らなくちゃ! 

[PR]

by htokuyama3 | 2006-01-24 23:50 | Comments(1)
2006年 01月 24日

避寒旅行 最終日

昨夜 国際通りの 民芸店で かねてより 欲しいと目をつけていた 赤い珊瑚の釉薬を塗って作る 壷屋焼きに対面 やはり良い! 夫婦 好みが一致する 

 沖縄サミットの時の食器や 東大寺の油壷を作った 作家さんのもの を購入する 小ぶりで22センチのお皿に 魚が3匹 廻りは唐草 一回り大きくなるとお値段がぐんと上がるので これでも 充分楽しめる。
今日のフリータイムに窯元を尋ねるのが楽しみだ  その前に朝一番に 首里城見学 これも OP 私は4年前友人と行ったが 主人は以前ハネムーンで行った時は 守礼の門しかなかったので 見学する

9時に開門の儀式があるということで 観光客がいっせいにカメラを構える
e0014991_22222565.jpg
  琉球王朝の正殿を復元した物だが 流石に 一国の王様のお住まいらしく 立派だし 中国の影響の強い建物だ。
  中には 儀式の時にかぶられた 王冠のレプリカ、外出時の日よけ傘 これは素晴らしい刺繍が施され いにしえの琉球王家の生活が思われ楽しい
e0014991_2228171.jpg

琉球の嵐 という 大河ドラマを思い出した たしか 最後の琉球王役は 沢田研二 
e0014991_22310100.jpg
だったような・・・・1時間の見学のあと 県庁前の 繁華街 国際通りでフリータイムに・・・

集合は4時間後の那覇空港。

 荷物も自分で持たねばならないと予想し 主人はリュック 私はデイパックという軽装 荷物はなるべく持たず お土産も最小限 。
 私達夫婦の旅は いつも その土地の思い出のものや そこでしか食べたりみたり経験したりすることを楽しむことを目的としているので 旅行に行く時も スリムに動くことにしている。国際通りの漆器屋さんに行き ここは創業100年の老舗 ここで 琉球漆器の楕円のゆうなが書かれている 漆器を買う ハネムーンできたとき 当時 留学生としてきていた友人が 漆器の小箱をプレゼントしてくださり また4年前に来たときも 小ぶりだがとても質の良いお盆をプレゼントしてもらい 気に入ってるので今回は自分で買った

それから 今回の一番の目的地 壷屋の町を歩く 昨夜買った 作家さんの窯元に・・・
国際通りから 牧志公設市場を横目に ぷらぷら散策 古い赤瓦 珊瑚で作られた石垣の町並みの中に 壷屋 やちむん〔焼き物〕の街が
e0014991_22453912.jpg
・・・
壷屋焼きとの出会いは 今は亡き 沖縄の人間国宝第一号になられた 金城次郎さんの 作品を 頂いたことから 始まる 壷屋焼きの素朴な器は わが県の 九谷焼とは対照的だが
どちらも それぞれ 良いものは良い! 大好きなのである

その窯元にいくと 昨夜購入したのと同じデザインの 銘々皿がある。。お値段も 予算内なのだが あいにく1枚しかない デザイン違いで同じ感じのはあるが どうしても同じのが欲しい。。お聞きすると 次の釜に入れるものがあり2ヵ月後に焼きあがるとのこと 色などは全く同じにはならないが どうしても欲しくて この次 いつ 沖縄にこられるか分からないので 予約をする

窯元の店は いかにも 壷屋らしいデザイン こんな些細なことが旅の心をくすぐる 続くe0014991_2311340.jpg。。

[PR]

by htokuyama3 | 2006-01-24 22:11 | Comments(0)
2006年 01月 23日

沖縄の旅 2日目

昨夜は 沖縄本島の真ん中 恩納村みゆきビーチに泊ったので 今日は まず パイナップルセンターに行く 目的は?お土産屋さんめぐりらしいが パインのいろんな種類や 綺麗な蘭などが咲き なかなか 良いところだ。
 おまけに パインワインの試飲 フレッシュパインの食べ放題。。 バスに戻るころには ツアーの皆さん 必ずお土産を手に手に。。

多分 この旅行にはお土産屋さんからの援助金が含まれてるので必ず時間を作り立ち寄るので私のように何にも殆ど買わない客は少ないので お店のもくろみは的中するようだが 流石に 
 添乗員さんが 行く先々で 買い物してたら大変ですよ・・という始末 良いお客様だ。。と笑っちゃった。。。パイン園の次は 純粋な 観光 海洋博記念公園 ここも私は3度目 1度目は 熱帯植物園で綺麗な蘭をみた 今回は 美ら海〔ちゅら海〕水族館に行く ここはオプションで20人集まると団体料金先月会社の旅行で行った娘が すごく綺麗だからお勧めと言ってたので 入る。。
いや~ 素晴らしい!
e0014991_23111512.jpg
熱帯の生き物 マンタや さめなど 一日いても飽きない感じ。。
e0014991_2312406.jpg

今日の沖縄は 曇りときどき 雨。。せっかくのさんご礁の海の色も 落着いた色だが
中部の 名護や 本部の八重岳では桜祭りが行われ 例年よりも早くに 緋寒桜があちこちで満開 ソメイヨシノとは違い 花色もやや濃く 花は全て下向きの控えめに咲く
車窓から 沿道や山に咲く桜に心を奪われる 来月がピークと聞いていたので 予想外の桜にとても嬉しい フォトはバスの窓からの桜
e0014991_23191694.jpg

今回の旅行のコースに 沖縄最北端の辺戸岬と 昨年 3つの離島が 橋で繋がった 奥武島-屋我地島ー古宇利島 に行く企画があったので この旅行に決めた。
最北端の 辺戸岬は 海の色も 一変 黒潮の海で とても印象的だったe0014991_23265485.jpg 続く。。 

[PR]

by htokuyama3 | 2006-01-23 22:55 | Comments(0)
2006年 01月 23日

沖縄の旅 2日目後半

最北端の辺戸岬より 中部にもどり 3つの離島を さんご礁の海の上を走る 橋がかかって 11ヶ月とか・・あいにくの曇り空で しきりに ガイドさんはもっときれいなエメラルドグリーンなのに。。といわれるが とても綺麗で穏やかな水面だ
e0014991_23511948.jpg
一番奥の古宇利島の 産直市場には 色んな野菜や 手作りの食べ物がある 西瓜が¥500だったり見てるだけでも楽しい おかず用のパパイヤや 紅芋の揚げたものなど・・
e0014991_23542361.jpg
沖縄のみかん たんかんも格安だ ここでは 生の海ぶどうという海草を買う ここが今までの中で一番安い その後は 沖縄の高速道をひた走り 2年前にできたと言う DFS巡り 海外に行かなくても、、などとしきりに定員は揉み手でお勧めする 何も欲しくないので 夫と待合室で夜の外出のための体力温存に務める。
7時過ぎ 街中にあるホテル到着 夕食はOPで ステーキハウスや沖縄料理に連れて行くというが 前もって調べて 国際通りにある ショーも見れる 沖縄料理のレストランに予約を入れておいたので その時間まで ブラブラする
e0014991_0131899.jpg
 デモ隊と遭遇 基地のある沖縄らしいと思う
夕食は17種類の沖縄料理とショーだ。流石にお値段も良いので昨夜の沖縄舞踊とは 違う 外人の旅行者グループや 桜祭りの取材に来たらしい 写真家なども隣のテーブルにいて旅の気分も盛り上がってくる
e0014991_08812.jpg
楽しい南国の旅も明日一日 流石に疲れて レストランで飲んだ美味しい泡盛でぐっすり眠りにつけた/b>
[PR]

by htokuyama3 | 2006-01-23 00:17 | Comments(1)
2006年 01月 22日

沖縄1日目後半

福岡空港には 35年ぶり 青年の船の同窓会があり 大阪から乗ったことがある
35ねんぶりなので 上空から 新幹線が見えたり 福岡ドームが見えたり 主人は良く出張で福岡には行ってたが私は 大きくなった空港に 圧倒される
福岡から那覇に飛び 到着後 琉球ガラス工場と兼ねた お土産屋さんに・・
玄関に シーサーの 日本版真実の口が迎えてくれ 思わず 笑ってしまったe0014991_16223429.jpg
私は 沖縄は4度目の訪問で 琉球ガラスの製品も持っていて 何も欲しくないので ブラブラ
最終日のフリータイムに 欲しい 焼き物の値段などを下見する 私も夫も 荷物を持つのが嫌いで お土産なども最低限 旅にでるとその土地のものを 記念に買うか 前もって良く調べた民芸品などを買うのが好きなので お土産屋さんでは 時間をもてあます 次に ヒメユリの塔に 参拝 ここも以前訪れたことがあり 近くのお見せに 献花を売るお店があったので お花を買って お供えする
e0014991_16293331.jpg
この前 ヒメユリの塔を訪れたとき 当時の生き残りの方の お話を聞くことができ 戦争の悲惨さを強く感じ 今回はせめて お花でもと思ったので 行くことが出来よかった。そのあとは 名護のビーチに面したホテルに直行 東シナ海に面した ホテルは さんご礁の砂のエメラルドグリーンで 冬とはいえさすが南国と 感動する 朝早くから ジェット機に2度 雪国から ハイビスカスの咲く沖縄 日本列島は 長いなあ。。と実感する フォトはホテルの部屋からの景色
e0014991_16365697.jpg

[PR]

by htokuyama3 | 2006-01-22 16:14 | Comments(2)
2006年 01月 22日

避寒旅行

予想外の大雪と 昨年は 義母を見送るという 大役があり 癒しの旅をすることにした  国内旅行では 団体を嫌う夫だが たまには 安いパック旅行だと いろんなところにいけるので フリータイムのある コースを選択 暖かい沖縄に決定する

雪が降らないことを祈りつつ 前夜は 久しぶりの旅行に 早めにベッドに 入ったが 2時間ごとに目が覚め ゴルフの前夜みたいだと 苦笑する。

 空港 8時50分集合なのだが 雪で道路が渋滞して飛行機に乗り遅れた息子の前例もあるので 待ってもいいから早めに出ようと 5時過ぎにおきて6時に家を出発 途中の有料道路も 高速道路も スイスイ。。

驚くほど早く 7時半には空港到着 星が出ていた空も 明け 雪も無い  それでも 成田行きの飛行機は雪のため欠航のアナウンス。。海外に行く大きなトランクを持った人が気の毒。。

 久しぶりに モーニングセットなどを食べる この時期 沖縄ツアーは沢山あり、 JTBでは 直行便で沖縄入りするのだが 行きたいコースでないので 今回は 阪急交通社 で行く。
  
  たっぷり 沖縄で遊ぶため 行きは 福岡乗換え 帰りは羽田乗換えで 羽田発最終便
飛行機大好きなので 国内で往復4度の旅行は 嬉しい! 
今回は 主人に窓際を譲る 最高の天気で 飛行ルートは 日本海沿いに 山陰を飛ぶ 途中 窓の下には 天橋立がくっきり
e0014991_1652554.jpg
2年前 天橋立や京都に桜を見に行ったことが思い出される そうこうする内 今度は 鳥取の大山上空を通過  これまた お天気に恵まれ 綺麗な山肌がくっきり見える
e0014991_168364.jpg
飲み物サービスが終るころには 関門海峡をみて 福岡空港到着
乗り換え時間1時間に空港の御店で お弁当と 鯖寿司 今夜の部屋でのつまみに 明太子を買う   続く

[PR]

by htokuyama3 | 2006-01-22 15:46 | Comments(2)
2006年 01月 16日

今年の干支

ネット仲間の 待ち針さんが カウプレで 干支のダックスフンドのぬいぐるみを 出された
とても愛くるしくて たくさんの仲間が 狙ったのだが 当選者は1名

待ち針さんの掲示板に集うのは やはり 縫い物などの手仕事が好きな人が多くて
型紙を欲しいのコールが 書かれ始め もらった人が つぎつぎ 自分の好きな布や色で
出来上がった作品を 掲示板にアップされた。 

見れば見るほど 可愛くて 恐る恐る(というのも 待ち針さんとお知り合いになって日が浅いので) 私にも 型紙プリーズ!と書いたら 快く 翌日には 型紙と説明書が送られてきた

 午後に来たのだが もう夕方には 布を裁断 翌日には1対完成!

ぬいぐるみは 母が大好きで 小さい時から 色んな物を作ってくれた 自分では作ったことがなくて とりあえず1体出来た。。と掲示板に書き込みしたら すでに 待ち針さんから 初心者なら 綿を大目は良いですよ。。とのアドバイスが。。あちゃ~ もう出来ちゃった!!
  
   でも どうせなら。。ともう一度 解体 綿も入れなおす
可愛くって 面白くて 楽しくて 最初のはピンクの顔だったので 水色の顔で 兄弟?カップルがいいかな? 一気に出来た。

  私は子供の時から 犬と猫の お母さん役をしてたので ペットを飼いたいのだが
時々 出かけるので 家を空けるときが困るため ペットを飼えない 家族は主人と二人だけでいつも一緒に 遠出をする だから 今年はこのダックスフンドで楽しもうかな?

  
e0014991_791421.jpg
犬年生まれの友人への プレゼントにも良いかな?
良く見れば  胴長 短足 とっても 親近感が持てる・・ネットでこんな楽しいお付き合いも出来たのも 初めてだった 待ち針さん有難う

[PR]

by htokuyama3 | 2006-01-16 06:51 | Comments(2)
2006年 01月 08日

め〔芽)でたい・・・

年末に 雪の中から 抜いてきた 長ネギ 根っこごと抜いてきたので 根から1センチくらいを切って 料理に使い キッチンの窓辺に 少しだけ水を入れた 豆腐の空き容器に並べて置いてみた
キッチンは ほぼ一日中 ストーブとファンヒーターが付いていて ストーブの上には 常に薬缶から湯気が立っている
e0014991_2025943.jpg


初め1本だけ 試しに 水栽培もどきをやったら ぐんぐん伸びたので 面白くなり

   次に 鍋をしたときの ねぎも 同じようにする。
毎日 次々と 芽が出て 緑色のねぎに変身する 子供たちが小さい時 こんな物を見せてやれば 理科の勉強になったのになあ。。と思ったが  イヤイヤ 芽が出た・・こいつは 春から 縁起が良いワイ~~   と歌舞伎の大見得を切る気分!!
   めでたい!めでたい

[PR]

by htokuyama3 | 2006-01-08 20:18 | Comments(0)