<   2006年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2006年 02月 23日

お誕生日

今日は 私の誕生日 娘は プレゼント何が良い?と聞いてくれたが 2月、3月は 我が家夫婦と お婿さんのご両親も 誕生月 そして5月は 母の日6月は父の日 と 続くので
マイホームをもち ローンも始まったので 辞退する 気持ちは嬉しいが 自分の若いころを思い出すと 大変だなあ。。と思う 尤も 娘夫婦はまだ子供が居ないのと 共働きをしてるので今はいくらかゆとりはあるようだが 。。
一方 息子たちは 例年 バースデープレゼントは無い! でも母の日には何がしか贈ってくれる。そんなわけで さっぱりした物だ

先日 中学時代の友人が5人で集まろう。。と誘ってくれて 中学時代の仲間と昼食会なんて初めてだったが行ってみることに。。昨日のうちに 錦松梅(ふりかけ)をつくり 今朝は早くに起きて アップルケーキを焼く 5人集まると言うので 4人にお土産用に 包む
e0014991_2014310.jpg
4人のうちの2人は 時々我が家に遊びに来てくれるので他の友人とは30年ぶり・・
でもみんな14歳に戻りおしゃべりするが 内容は 舅 姑の介護や 健康のことなど やはり50代の話。。
e0014991_2021924.jpg

今日誕生日よ。。というと 4人が口をそろえ 若いねえ。。でも年金はもらうの遅いから損よ。。とか 取り留めのないことを話すが 5時間はあっという間。

5年前 都会に居た時は 主人は単身赴任だったので 私の誕生日には ブラジル料理のお店や フランス料理のお店など 私好みのところに連れてってくれたが 田舎に帰ってからは プレゼントはおろか 何にも無し!よって 3月の彼のお誕生日にも何にもしてあげない。
まあ お互い 健康でいるから良しとするか・・ 私はお友達がちゃんとプレゼントやお祝いをしてくれる 夕食後も 東京から お祝いメール 京都から電話とその前に 素敵なプレゼントも届いている また 3人の子供たちからもそれぞれ お母さんお誕生日おめでとう!と電話があった。

そうそう 朝一番に84歳の母からもお誕生おめでとう!と電話があったっけ・・
お母ちゃん有難う、、産んでくれて。。といったら ウフフ。。だって。
いつのころからか お誕生日は産んでくれた母に感謝する日だな。。と思った。 母が産んでくれたから私がいる 本当に嬉しい日!

そんなわけでしゃれたレストランにディナーを食べに行くと言うイベントもなかったが 料理上手の友人の美味しいランチに 満腹で 夕食は 自分で作ったアボカドを入れたカルフォルニアロール風巻き寿司と キムチ鍋を突きながら 赤ワインを飲んで 終り。

[PR]

by htokuyama3 | 2006-02-23 19:38 | Comments(2)
2006年 02月 19日

輪島塗ありがとう市

地元石川の塗り物 輪島塗は大変高価だ でも やはり モノは何処よりもいいように思う 去年 この催しを知り 行ったのだが 各お店が出す 福袋 どのお店の物が入ってるかは分からないので 欲しい物が必ずしも入ってるわけではないが 1万円の福袋には 5万円相当の物が 2万円のには10万円相当のものが 確かに入っている
e0014991_20182488.jpg
去年 買ったものを 開けた後に 金沢の輪島塗のお店で 確認して判明したので 今年も道楽と思い 主人は2万円のものを 私は1万円の物を購入 へそくりで。。
一万円の中は お盆が大小3個と小鉢風のものが1個
e0014991_20173550.jpg

2万円の方は 手つき盆? おわん などが入ってる その中の1個でもう2万円はしているので損は感じない 去年は 娘にホワイトデーのお返しに その中に入ってたモダンな絵(額入り)チョコレートで高いが マイホームに飾るのにぴったり! 私の友人の新築祝いに 乾漆の半月盆 が入ってて とても良かった。去年までは2日間だったのが今年は10日間で 地元テレビ局の中継もあり 賑やか 
買うものを買って 輪島の郊外 曽々木の天領地主の南惣美術館に行く ここは すごい!
天領の大地主 南家の 国宝級の書画骨董を個人で持っている美術館
e0014991_20294133.jpg
お天気は快晴で お客は最初2人だけ そのうちに奥能登定期観光バスのお客が3人。。
ゆっくり お宝を拝見 帰りには 棚田で有名な 千枚田にも 寄る 稲が青々とした棚田
稲穂が黄金色の棚田もいいが 枯れた風情に日本海の波が打ちつける棚田もなかなかの物
e0014991_20335866.jpg
冬の能登も詫びさびがあって 気分が休まるような良い感じだ。

[PR]

by htokuyama3 | 2006-02-19 20:09 | Comments(3)
2006年 02月 16日

姦しく・・・

今日は ヒロコさんの お誕生日 友人の カズコさんと 3人で久しぶりに会う
雪や ころ柿つくりなどで忙しくて 3人で会うのも 3ヶ月ぶり・・

 ヒロコさんの家で集まり 近くのフランス料理のお店に予約した ランチを食べに行く
女3人寄れば 姦しくというが 気の合う仲間 会ってる間中 口は忙しく動く お喋りに 食べるのに。。
レストランのあとは 河岸をヒロコ宅に変えて またまた お喋り。。。

ヒロコさんとは 京都の大学の 寮で金沢から来てるという共通で知り合った 偶然 私の高校の仲良し2人と ヒロコさんが中学で同級だったのもあり 学部は違ったが それ以来の友人 

学生時代の友達は 飾ることもいらないので とても気楽 おまけに たいてい育った環境も似てるので 価値観や生活観が余り違わない。
カズコさんは1歳年上でヒロコさんを通じてのお友達 カズコさんも 同時期京都の大学で学んでいたので 四条辺りで すれ違ってたかもね?と 話が合うのである。

去年までは3人で 仏教賛歌の合唱団に入っていた。 秋に お寺の都合で解散になり 春になったら別の合唱団に行くことになってるが まだ始まらないので 今日は 食べてお喋りの日。

 話題は 定年退職後の 夫婦のあり方やパソコンのこと ゆっくりお喋りしたいが 帰りの高速バスの時間が決まっていて 3人で機関銃のごとく話す 10月に カズコさんが退職したらゆっくり会えるね。。と気の長いことを思う。1週間お姉さんのヒロコさんハッピーバースデー!

[PR]

by htokuyama3 | 2006-02-16 20:31 | Comments(0)
2006年 02月 15日

10分 ¥1050

夕方 神奈川の友人との 夕食会に 間がある 夫は 明るいうちに一仕事するからと 帰って行ったし 久しぶりにデパートでもぶらつこうかな?と思いながら 駅構内の中を横切り バス停に向かう途中 ふと目にしたものが  クイックマッサージ。 

10分¥1050 20分 ¥2100 、、、と10分単位に 値段が書いてある。 日頃 肩こり 腰痛に悩まされている私 友人との 旅行には必ず マッサージを頼み 翌日の為に 体調管理する。 
海外でも タイ式マッサージ シンガポールでは DFSのショッピングなど興味が無いので 足ツボマッサージにガイドさんに連れて行ってもらったくらいだ 田舎町では 何となく 気が引けて マッサージはしていないので 思い切って お試しに 10分¥1050 コースを受ける。 結構お客がいる

勿論 金沢駅は大きいので 旅行者の電車の待ち時間客も居て 歩きすぎて疲れたから。などと 待合室で それぞれ お喋りしている 千客万来で3人待ちで30分くらい待って 順番が来た   
何処に重点的にしますか?と若いお嬢さんのマッサージ士  肩と首のほうをお願いします、と私。
e0014991_20291722.jpg
 顔を乗せる台付きの 椅子に顔を穴に埋めるように乗せて肩は台の上 両手も前のほうの台に乗せる マッサージ士のお姉さんは 開口一番 うわぁ~ すごいコッテル カチンカチンですね。。。 そうなのよ 強くしてもいいからね。。
以外に10分でも マッサージはできる ここ数日 肩こりがひどく 湿布を貼ったり 首を回したり 運動をしていたが 縫い物に熱中してたので ついつい 血液の循環が悪かったようで10分 ¥1050で 気分爽快 久々の友人夫婦との夕食は マッサージのお陰で 楽しい時間を過ごせた 友人は来月 メデタク 還暦! 犬年の彼女に ダックスフントのぬいぐるみに 赤いベレーもつけて ペアでプレゼント!</b>
[PR]

by htokuyama3 | 2006-02-15 20:04 | Comments(0)
2006年 02月 10日

掛け布団を作りました

今年の北陸は 本当に寒く 山手で 天井の高い純和風建築の我が家は
本当に寒い その上 広い家に 住人は 私と主人の二人きり  おまけに 定年後田舎にユーターンした私達 同じ年代の人は まだまだ 現役の農家などで 遊んでいる人が居ないのと 40年も都会に居た主人と馴染みのない私に 気安く遊びに来る人も居ないので 雪ばかりのこの季節は 人の出入りも少なく なおさら 寒く感じる

去年はそうでもなかったが今年の寒さは 格別で 去年と同じお布団では とても寒い 。

 家にある掛け布団を、、と押入れを見ると どれも サイズが短く 昔のサイズ 長さが190センチ・・これでは首までひっぱると 足が出てしまうし おまけに ずっしりと重い 普段は 羽毛布団を着ていのでなおさら 重く感じるのであろうが。
羽毛布団と薄い肌掛け布団を着てるのだが、さらに 2枚合わせの毛布をかけても寒いので 布団を作ろうと決心。
  去年沢山の布団の打ち直しをしたので 綿はたっぷりある 布団皮だが なかなか 布団用の綿サテンの生地がないので 布団屋さんに注文する サイズは ロングサイズ 150×210センチ
布団屋さんも 暇と見えて 一日で希望の布で 縫って持ってきてくれた。 早速 母に習ったことを思い出して 本と首っ引きで 作る 本には昔ながらの綿の枚数 15枚とあるが 重いのが 嫌なので 布団屋さんから 最近は 掛け布団で8~10枚。。と聞き 9枚の綿を入れる。

昔 良く母が 家族の布団を 打ち直しをした綿に 布団がわはミシンで それぞれのイメージの模様の生地で縫って 作り直していた 結婚後 何度か埼玉の家に来た折 布団の仕立て直しをしてくれ 手伝ったので 何となく分かる。

 5?歳にして 初めて一人での 布団つくり  何とかできた~!!
途中で一度 電話で 母に聞く。。今は既製品も安く出回っているし 羽毛布団全盛だが 綺麗な打ち直した綿が沢山有るので 練習と思って これからも作ろう。。

e0014991_15495261.jpg
打ち直した綿で 掛け布団あと10枚以上できる。。2年前には 敷布団を4枚作り直した。。木綿綿に 軽いナイロン綿を入れて打ち直してあるので 硬くならないらしい。 座布団もいいな。。座布団つくりも今の季節寒いのが玉に瑕だが。。今夜はこの布団を掛けてみよう。。。

[PR]

by htokuyama3 | 2006-02-10 15:53 | Comments(3)
2006年 02月 09日

セントバレンタインデイ

私が独身のころ バレンタインデイ という習慣が 日本に入ってきたように思う

当時は バレンタインデイは 女性から男性に愛を告白できる日 という 意味だった

そのころは まだまだ 女性も奥ゆかしくて 愛を告白するのは 男性  女性は普段は 男性からの申し込みを専ら受けるものという 感じだった。
だから バレンタインデイにだけ 好きです!とラブレターを書けたと記憶しているが

いつの間にか 日本では チョコレートを贈る  そのうち 義理チョコなるものを 職場や家族の男性に贈る、、という 習慣ができ チョコレート業界は バレンタインデイでかなりの収益を上げているようだ。。夫などは 職場の女性から 義理チョコを沢山もらい ルンルン気分で 帰宅し 子供たちに どうだ パパはもてるんだぞう  などと 自慢していた。

翌月のホワイトデイ  (これも いつの間にか 定着。。)には デパートなどで 妻の私が ハンカチなどの小物のお返し品を用意する 何とも 不思議な習慣になってしまった。

 今年 何となく 我が家の男性陣にチョコでも。。と思い 準備 今日は 娘のお婿さんと 名古屋にいる次男に 送る

  夕方 長男がパソコンにウイルスチェッカーのソフトを入れに泊りにくるというので これ幸い 渡すと 母からのでも 嬉しそう。。

 ただ これしきでお返しをもらうと 負担になるので 硬くホワイトデイは辞退する。

e0014991_15385568.jpg
今月は私の誕生月 来月は夫の誕生月 5月は母の日、6月は父の日  と娘夫婦はいつも何かとプレゼントをくれる 年末家を建て ローンも有るので 気持ちだけもらえばもう充分なので
硬く硬く お返し不要を言い渡した。
マスコミの影響ってすごい! どうせなら もっと別の報道で色んな強い影響が有るといいのに。。
でも昔の乙女は バレンタインデイに はにかんで好きです。。と告白したほうがうんと素敵なのに チョコレートばかりが 大手を振る バレンタインデイは どうなんだろう?
菓子屋さんが潤う 経済効果も必要かしら???

[PR]

by htokuyama3 | 2006-02-09 15:17 | Comments(0)
2006年 02月 05日

礼儀 礼状 ?????

先日 某所で  ある方の 個展が開かれていた

 興味のある 手芸だったので 入ってみると なかなか センスの良い作品が並んでいた。
受付で 是非 芳名帳に お名前を。。といわれ 素敵な作品だったので 快く 署名した
昨日 その方らしき名前で ご丁寧に 20年来 習って作った作品を見ていただき云々。。の礼状の葉書が我が家に届いた。。ここまでは マア普通なのだが!

 良くみると 葉書の最後に 名前が書いてあるだけで 住所が無い! 失礼ではないだろうか?
自分は有名人とでも思ってるのだろうか? 最近 個人情報について いろいろ規制がかかる時代 見ず知らずの者に 名前 住所を書かせて 印刷された丁寧な礼状とはいえ〔文章が)
どういうことなのだろうか?と腹立たしく思うのは 了見が狭いのだろうか?いやいや これは 失礼と言う物ではないだろうか? 

勿論 安易に 自分の住所や名前を書くほうが 馬鹿なのか? 折角の素敵な作品が 急に色あせて思い出され 良い大人であろう その方の 常識というか 教養を疑った次第である。まあ こんなことをせぬように 自分にも言い聞かせたから よしとするか?
e0014991_21131130.jpg

[PR]

by htokuyama3 | 2006-02-05 21:13 | Comments(0)
2006年 02月 04日

かきもちの季節

田舎に帰った年は 何でも珍しく 私達は 田舎の行事を片っ端からやった その年かき餅も作ったが なにせ 私の実家では子供のころ 母が 作った事がなく たいてい 母の実家から かき餅や 漬物の類は届いたので 食べたことはあるが 作るのを見たことがなかった。

その年 初めて二人でつくり 必死で あ~でもない こ~でもないと 紐で吊るすが上手く行かず何度もやって どうにか 紐かけが出来 無知な二人は 風通しのいいところに干すのだろうと 母屋と味噌納屋との 渡り廊下に 竿をかけて 干した。

 風が吹くたびに 乾いてきた かき餅はポロポロ割れ 下に落ちる  そこで 下に 敷物を敷き 汚さぬように 盆ざるに並べ 苦心惨憺してたら  お米を届けてくれた 農家〔そこに作ってもらっているので)のオバサンが かき餅は 陽の当たらぬ 風も吹かぬ 蔵の中や 座敷の中に干す物  と驚かれた。

 それ以来 親戚からもらうこともあり 二人だけの暮らしでは そうそう 食べないので 作らなかった


 昨日 金沢の菓子屋の親戚が お客様からの依頼のかき餅を 切る厚さを間違えてしまったので 送るから 料金は要らないから食べて欲しいと 言ってきた。

 プロの作る かき餅 味は保障付き だが 薄い! 一枚では すぐ割れそう。。
苦肉の策で どうなるかは未定だが2枚あわせで 紐にかけて 座敷に 竹を渡し 干してみた

  
e0014991_11341959.jpg
かき餅は 白 昆布 ゴマ 豆を 入れて搗いた 4種類
手で切れば こんな失敗はないのに 沢山の仕事なので スライサー〔と言うのか分からないが〕の設定を 間違ったのだろう。。お陰で 思わぬ楽しみと 暇つぶしが出来た・・
美味しくできるかしら? 薄いから 途中で割れて 落ちるかもしれないが。。 

[PR]

by htokuyama3 | 2006-02-04 11:12 | Comments(2)
2006年 02月 03日

みなさん 素敵に出来ました!

急遽 革のブローチを教えて欲しいと頼まれ 4人かも?というので 材料を大目にもち
公民館に行くと なんと 倍以上の9人!

女性はやはり 身につけるものが好きなのね  先週の 革の小銭入れつくりで 皆さん楽しかったそうで 私でよければ。。とお引き受けした・

e0014991_13475978.jpg
先週 講師謝金は要らない  と言ったのに 電話代だから、、といわれ 遠慮なく頂戴したら それ以上のお金が入っていたので 今回は ボランティアだから。。という条件でお受けした。
材料費も 原価のみ  皆さん 楽しげに お口も滑らか お手手は 一寸お留守・・

同じ材料でも 色により 仕上がりが全然違う  はじめ 同じブローチを 町内中の人がつけるのは・・と言ってた人も居ると聞いたが 9人9様  全部が 別の雰囲気なのに 皆さん びっくり!  革のブローチを見たのも 初めてだというから さぞや びっくりなのだろう・・
これは アザミ式の キララフラワー という アクリル絵の具に 雲母(きらら)を混ぜ込んだ 絵の具で彩色するので 華やかでとても綺麗だし 薄い ピッグフローラという 革で作る
 出来上がり バラ 仕立て2種 われもこう サイネリア のブローチ達。
e0014991_13542674.jpg

[PR]

by htokuyama3 | 2006-02-03 13:40 | Comments(0)
2006年 02月 02日

手仕事は楽しい

今年 婦人間役員をしている 分家の奥さんが 明日 もし 時間が有れば 革のコサージュを教えて。。といわれ お引き受けする

コサージュにすると仰々しいので ブローチサイズにというので 葉っぱをつけないこじんまりとした ブローチの見本を作る

e0014991_1425061.jpg
外は ちらちら 雪やみぞれが降っている コタツに入り 革を 型紙通り 写し 裁断
アクリル絵の具〔マツダ)で 彩色・・ピンク系の バラ 濃淡で2種類  と ブルーグレイのヒマワリの 見本を作る

子供の小さい時から時間を作り一生懸命に 習い 身につけたものだが 何といっても 好きなことをするのは 楽しい 時間があっという間に過ぎる。。

明日は 何人来るのかな? 4人は確定と言ってたが・・・

[PR]

by htokuyama3 | 2006-02-02 13:56 | Comments(0)