今日も元気一杯!

htokuyama3.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2006年 09月 26日

土地の物で迎える

仙台の友人をお招きするあたり 折角なので 土地の物で。。と決めた

お料理も 郷土料理の 治部煮 や 蓮根蒸し 地物ばかりのお刺身 蟹 ドジョウの蒲焼などなど 器も 九谷焼と輪島塗 お花は 庭の すすき 梅もどき 桔梗など
先日の テレビでの ”オーイ日本石川県” で放送された 花嫁暖簾は東京の友人から手紙で とても素敵。。と書いてあったので 私の嫁入りに実家で誂えて持たせてもらった 花嫁暖簾を客間に出すことにした

長男の嫁は 実家の紋を入れた 加賀友禅の 花嫁暖簾をくぐり 嫁家先の人になるという風習で 書かれている模様は 縁起の良い 図案である

おめでたい物なので 滅多に出すことは無いが 今回飾ることにする 夫は喪中なので どうかと思ってたらしいが遠来の客なので 納得してくれた こんなことでもないと 高価な暖簾を作ってくれた 両親に申し訳ないし。。と言うのが 女の私の理屈。。

友人は 大手術後の経過も良く 5年前に 松島であって以来だが とても元気で 夜遅くまで 楽しい宴だった 
e0014991_10264223.jpg

翌朝 散歩代わりに 裏山で 栗拾いに誘うと 家のそばで?と 不思議そう 一緒に いくと
栗が一杯落ちていて大喜びで拾う 帰りのお土産一種類決定!
e0014991_1029789.jpg


帰るころには 今度何時?と涙ぐむ  元気ならきっとまた! 希望をもって さようなら~

本当に楽しいひと時だった たった10日間の出会いが6年経った今も繋がっていて ご縁と言うのは 時間ではない 気の会う人は すぅ~っと 意気投合するものだ 死ぬ時には物はもてない 心の宝を一杯もって 死にたいと言うのが昔から私の想いなので この友情もこれからも大切にしたい

[PR]

by htokuyama3 | 2006-09-26 10:10 | Comments(5)
2006年 09月 23日

大掃除?

月曜日に 仙台の友人夫妻が 北陸方面に旅行に来 我が家にもお泊り頂くことになったので 日頃駄目主婦の私だが 流石に お掃除をせねばならずここ数日 やけに 良く働いてお掃除に明け暮れている

 普段は見えぬフリしている 窓ガラスをふいた まあ  感激~ 綺麗! 庭のあちこちも できる範囲に  広いので 完璧ではないが まあまあ
  次に ゲストルームの離れ座敷 そこまでの廊下 母屋の 客間『通称 広間』 居間 DK 洗面所 風呂場  トイレ そして玄関と

 その間 布団や座布団も干す 離れは湿気が多いので 除湿機を2日かけて 未使用のトイレの臭い消しもしたり  普段これだけ 動いてれば いいのになあ。。エライ エライと 珍しく 綺麗になっていく我が家を見て 自分を褒める一の馬鹿!

 友人は3年前 大手術をし あまり沢山食べられないから お喋りがご馳走よ。。と気遣ってくれる メニュウは さっぱり系がいいかなあ? 魚をメインに。。ワインは白  しかも 一緒に10日間 イタリアで毎日飲んだワインがいいなあ。。 生ハムとチーズも欠かせない。。。と 色々考えるのが楽しい

 折角見えるので 我が家の輪島塗のお椀や久谷でおもてなししたいなあ。。。 夫に蔵を開けてもらい 食欲の細い友人のために小ぶりの飯茶碗も出す
e0014991_21555851.jpg
  明日は 最後の点検だ・・
<b>
[PR]

by htokuyama3 | 2006-09-23 21:58 | Comments(1)
2006年 09月 23日

親を見送ると・・

信仰心のあまり無い 主人が 今朝 ポツリと お彼岸だから 仏様に花でも買ってくるか・・と  仏壇には 庭のちょっとした草花を供えてはいるのだが  めずらしく言うので

折角だから もち米もあるし 小豆もあるから おはぎを作るから それからにしましょう、、というと そうだなあ。。と 妙に素直   やはり 自分の親を見送り そんな気分になったらしい
20数年前 わたしの父がなくなってるがそんな気遣いは無かったが  これも 年齢から来ることもあるのかな?
小豆を煮て餡子を作る 我が家は田舎風の粒アンが好き 

冷凍庫に去年栗の甘露煮を作ってあったのを思い出し それも練り上げで 栗アンを作る アンコ 黄な粉『中にアンコ入り) 黒煎りゴマ『中にアンコいり』 栗アン の4種類作る 

e0014991_2123564.jpg
 お花を買い 家の裏山にある お墓に二人でお参り 仏壇にも おはぎと花を供え お参りする 今まで 先祖にお参りしてた時からみると やはり 両親の眠るお墓は グッと身近に思える 

[PR]

by htokuyama3 | 2006-09-23 21:30 | Comments(0)
2006年 09月 22日

秋景色あれこれ

庭にでて 花を見てると カサブランカの茎に いがぐりのようなとげのある物体発見!
?・・なんだろう。良く見ると 変わった種類の毛虫?
葉っぱが食われて 大きな緑の糞がたくさん 下葉についている ピンセットで取り除いた
丸坊主にされちゃあ 来年花が咲かないではないか。。。。

e0014991_21282147.jpg


同じ いがぐりでもこちらは 家の裏に植えてある 栗 ここ2.3日前から 栗が はぜて 実が落ちだした 朝一番に行くと すでに 獣が取って行ってしまい イガしか残っていないこともあり 秋のこの季節は 毎年朝起きると すぐに栗拾いを30分くらい。。これが我が家の朝飯前の一仕事。。。午後 再び 行くと たいてい また 栗が落ちている
我が家の栗は 伸び放題で 木が高く 消毒が出来ないので 虫が付きやすく 落ちてすぐに 虫も入るので 落ちてあまり時間が経たないうちに収穫するのが良いのである
e0014991_213712.jpg
今日の収穫は 1,2キロ
小さい山栗は とても甘みが強い 10粒 皮をむき 2合の栗ご飯にする 今年の初物
美味しい~  まいう~ 当分 朝飯前の栗ひらいは続く 我が家の秋景色である

[PR]

by htokuyama3 | 2006-09-22 21:30 | Comments(0)
2006年 09月 19日

型染め2

前回 渋紙に 切りぬいた 図案に今日は 麻地に 写す
麻地に 晒地をミシンで両側に 足して 木枠に張れるようにし あらかじめ 接着糊をスプレーした板に固定し 上に型紙を乗せ 更に上に 紗枠をのせて その上から 糊を刷毛で 置く
e0014991_1154413.jpg

切り抜いたところに 糊が入る  
e0014991_1204454.jpg

糊の付いたところに ひき粉(おがくず)をまき そこでゆっくり 紗枠と型紙を 空気を入れながら 布と離す 木枠に張って乾燥する
e0014991_120084.jpg
今回はここまで   次回が とても楽しみです

[PR]

by htokuyama3 | 2006-09-19 11:49 | Comments(0)
2006年 09月 17日

作品展

草木染教室の生徒の作品展が地元新聞社後援で 工房の近くの お寺の本堂をお借りして開かれた絞り染めの藍染暖簾 で 私の 初めての作品 初心者なのだが 先生が出してください と仰ったので 出品した お寺の奥様も 教室に通ってる方なので 快く会場を貸してくださったようだ
今日は 近所の親戚の奥さんと ご近所の方をお誘いし 出かける 会場は 立派なお寺だ
e0014991_2122089.jpg

教室もクラスが違うと 会わないので 別のクラスの方の作品は ここで初めて見る
10年選手のベテランの方のは 藍の絞り染め。。というとすぐに色んなデザインやアイディアが浮かぶようで 初心者の私とは違い 凝った作品も多い   色々な作品を見るのも とても良い刺激になる  お抹茶のサービス(先輩のAさんが 立ててくださる) もあり お御堂も立派なので 静かな良い雰囲気
e0014991_2172529.jpg

”あら!これ 素敵!” といって指指した暖簾が なんと 私の作品 名前も小さく紙で貼ってあるので 良く見ないと分からないのだが 褒めてもらえるのは 大人も同じで 嬉しい
e0014991_21102679.jpg

作品展の後は ランチを楽しみ 連休一日目のイベント終了
新聞社後援のため写真入で朝刊に載っていて 関係者やその知人 家族で 結構にぎわっていた 発表する場があると 作品作りにも張りが出る
e0014991_21151928.jpg

[PR]

by htokuyama3 | 2006-09-17 21:22 | Comments(6)
2006年 09月 14日

水中運動

整形外科の先生から プールで運動を。。と勧められてたが 外出を嫌う主人に気兼ねでなかなか行けなかったが 今日は プールに行ってきます。。と 宣言 これってかなり勇気が居るのです 我が家では。

 昼食後8キロはなれた 町営の温泉プールにいくと 週1階の アクアビクス(水中エアロビ)の時間 この日のこの時間を狙って 来たわけで 昨年 プールが出来るまで 健康体操の講師だった 元尾先生が 教えてくださる 大好きな時間

  20人くらいの人が プールに待っていた 40分間 背筋 腹筋 など体中の筋肉を使い 呼吸法を取り入れた運動はかなりハード、、最後は ゆっくりクールダウンもして 終了

  水中なので 以外に筋肉痛にはならないみたい、、1年ぶりだろうか? 両親を見送って やっと少しづつ 気持ちにも余裕が出来てきた

  終ったら 手を振る人が居る 誰かなあ?とおもったら ご近所の奥さんと パン教室の生徒さんだった 近視の私 プールでは眼鏡も コンタクトレンズもつけていないので 近くに行って判明
 サウナに入り 少しして また 水中ウォークをし 温泉のジャグジーに浸かって 身体の中が軽くなった気分で帰宅した 来週も来ようっと。。。

[PR]

by htokuyama3 | 2006-09-14 21:56 | Comments(0)
2006年 09月 13日

食欲の秋

鳥取のお友達から 今年も20世紀梨を送ってきました
梨には 幸水 豊水 などと いろいろな種類がありますが 20世紀梨は 別格のネーミングです 2人では食べきれないうちに 古くなりそうなので 梨大好き人間の 長男に
”梨が送られてきたけれど近いうちに来れる?”と電話したら “今夜帰る”   と

  1ヵ月半ぶりに 金沢から飛んできました。。といっても 車で1時間あまり・・
9時過ぎにきて 早速 遅い夕食をがつがつ食べて 11時過ぎに”これから京都に出張だ~” とか・・へ~?何で。。というと 急に仕事で明日の8時までに行かなくちゃならないので
e0014991_23304185.jpg

 これから 車で行って 向こうで 車内で仮眠する 毛布も入ってるし。。
それくらい 梨が好きなのです。  車で5時間。。酔っ払い運転の車に当たらないようにね・・と 母は祈るのみ。。食後 1個を食べて 2個かばんに入れてもって行きました

[PR]

by htokuyama3 | 2006-09-13 23:19 | Comments(0)
2006年 09月 11日

久しぶりに籐を編む

20年位前 籐の社中展で コスモスを参加者皆で編み 秋のコーナーで展示した
そのときの コスモス30本が 色あせて 毎年 新しいのを編まなきゃ。。と思ってたが
特殊な細い籐で 専門のところでしか 手に入らない 去年 埼玉の家に帰った折 いつも 買っている遠くの 材料屋さんに 行き 買ってあったので ここ数日 花びら 花芯 葉っぱを編み 染めて組み立てる

 過疎地の我が家 フローラルテープもワイヤーも 買い置きがあと少し。。
都会に住んでる時は 足りないものはすぐに 手に入ったが ここでは すぐに、、とは行かず
染料もなくて 代わりに 革の塩基性染料で色を作り 染めてみる

  葉っぱのグリーンはOK! ピンクの花びらも OK!ローズ色が出ない。。。何度もいろんな色で作るが気に入らない。。。でも なんとか 12本の花を作る

  
e0014991_19512515.jpg
あと10本は作りたいが  コスモスの季節が終りそうなので とりあえず 飾ることにした
庭にはホンモノのコスモスも咲き出したが 涼しくなり 一寸やる気が出てきた第一弾がこのコスモスである

[PR]

by htokuyama3 | 2006-09-11 19:39 | Comments(2)
2006年 09月 09日

更年期障害

平成9年9月9日 を 私はずっと忘れない 9並びのその日 更年期うつ病で
友人を失ったから  
その 友とは 羽仁もとこさんの ”友の会”の仲間で特に親友と言うわけではなかったが 時々 我が家に尋ねてくれる人で 我が家の近くの 教会に通う 敬虔なクリスチャンだった 

その友が 無くなる2ヶ月前 急に “いきてるのが辛いの・・死にたい”と  年下の私に助けを求めにきた 当時 私は交通事故のひどい鞭打つ症で家の中で じっと寝ている状態だった 

 知人の 精神化医のところに 車を運転し カウンセリングを受けに連れて行ったり 色々な 悩みの聞き役をしたが 2度の自殺未遂の末とうとう 本当に 逝ってしまった

 私と数人の仲間には 甘えてわがままを言う 友だったが 通っている 教会では しっかり者のクリスチャンで通してたので 最後まで 牧師様には 悩みを一切口にしなかったそうで 御通夜に 教会関係者が非常に驚いていた

暗い話をここで書くのは 更年期では死なないということ 誰しも 少なからず通る身体の変わり目の不調であって いつかは 解消するということを 皆に知って欲しいから

 私は 趣味やお稽古事で 年上の友人も多く 30代 40代のころから 先輩たちの話で
色んな更年期障害があり 自分が そんな不調 (眠れなかったり 体が火照ったり 動悸がしたり 発汗などの症状)が出たとき 先輩たちが 貴方もいよいよ本当の大人の女性になったわね  などと 冗談めかして教えてくれたお陰で 不安にかられる事も無かった

 どうか これから 本当の大人の女性になる年齢の方たちに 友人のように 簡単に逝かないで欲しいとの願いを込めて 今年も 9月9日に この記事を書くしだいである
去年は彼女の7回忌 だった あんなに私が引きとめたのに。。天国の引力には勝てなかった。今頃は 後から亡くなった お姑さんと仲良くやってるかしら?
e0014991_19365589.jpg
 </b>
[PR]

by htokuyama3 | 2006-09-09 19:12 | Comments(0)