<   2006年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 28日

5日目 旅の終わり

今日もいい天気だ お名残惜しいが 又の再会を約束し 仙台南icから 東北道に乗り
磐越道に入る 車窓からは 会津磐梯山が綺麗に見える
e0014991_21424778.jpg

喜多方に行って ラーメンにするか? 会津若松で鰻を食べるか・・猪苗代湖を見ながら相談する  やっぱり 鰻がいいね。。ということになり 会津若松市に向かう
鶴我城は何度か来てるが 白虎隊の墓の有る飯盛山に言ってみようということになり 飯盛山に行くと 土曜だからか 白虎隊の歌にあわせた剣舞があって ラッキー!
山の中腹 こちらも紅葉がきれいだ
e0014991_21514468.jpg
e0014991_224447.jpg


観光の後 旅の締めくくりは やっぱり美味しい物で〆とこう  駅の観光案内所で聞いた 鰻屋さんにレッツゴー!
e0014991_2154764.jpg

大串を注文するが  以外に小さい・・・・ 結構なお値段なのだが 味は関東風で 美味しいが浜松辺りのより 鰻が小ぶりで上品、、でもまあ良しとしよう・
3時過ぎ 会津若松ICから再び高速に乗り 磐越道~北陸道と乗り継ぎ 24時間開いてるスーパーで今夜の食材を買い 5日ぶりに無事我が家に到着
走行距離は 何と! 2510キロ! 全部一人で運転した旦那様お疲れ様。
今回もお陰様で助手席でコックリ コックリ させていただきました。 道に迷った仙台市内で少々険悪なムードもあったけれど 仲良く楽しい旅行でした。 終わり

[PR]

by htokuyama3 | 2006-10-28 21:39 | Comments(4)
2006年 10月 27日

4日目 厳美渓~平泉~仙台

昨夜 泊った 厳美渓温泉のホテルは 将棋の対局も行われた有名なホテルで
玄関や廊下 部屋 洗面所などに 素敵な季節のお花が活けられていいムード
夕食には 前沢牛のすき焼きなどもついてまあまあだった。

起きたら小雨 猊鼻渓の船下りは取りやめて 平泉の中尊寺をゆっくり見ることにする
10年前にきたときは急ぎ足で回ったので今回はじっくり 合いあい傘で参道から歩く。
紅葉はまだ早いが 金色堂の前には菊を埋め込んだ 金色堂を製作中
e0014991_21223870.jpg
 
秀衡塗りの老舗 翁知屋さんに寄る 水戸黄門のテレビにも登場した有名なお店で
今回も小さな一品を求める 両面模様の違う 急須置きを買う
e0014991_21291163.jpg

手前のぐい飲みは 主人が買った 津軽塗り。。 旅行ではあまり物を買わない
いつも何か一つだけ。。塗りや焼き物が多いかな? あとは 地元でしか手に入らない食材が多い
午後は 仙台に入り 青葉城址を散策し 夕方 お友達の家に寄せていただく
秋田出身のご夫婦は 比内鶏で作った美味しいきりたんぽ鍋や 心のこもったご馳走で歓迎してくださった 私の友達だが 以前 ご夫婦で我が家に泊っていただいたので 主人も付き合ってくれた
温かい心のご夫婦なので ホンワカと安らぐ。 旅もあと1日になった 久しぶりに4人の食事に話にも 華やかさが加わり 焼酎もワインもすすんでいた。
友人の木彫りの作品が素敵な家だった
e0014991_21373849.jpg
<b>
[PR]

by htokuyama3 | 2006-10-27 20:03 | Comments(0)
2006年 10月 26日

3日目パートⅡ

恐山から一路 南下し 浅虫~青森市内~八甲田を目指す
かなり紅葉も進み 半分近くは 落ちている 八甲田に差し掛かるとガスがかかり ロープウエーを断念する でも時々見える木々の紅葉は 赤 黄 と綺麗
e0014991_21442069.jpg

八甲田や十和田はこの季節に来るのは初めてだが 4度目ともなると ビュウスポットも知っているのでスイスイ走行 
e0014991_21481388.jpg

4年前の夏 友人と来た酸ヶ湯温泉は千人風呂で有名だが混浴で夏は湯気が見えないので恥ずかしくて小さな女風呂で我慢したが今回は夫と一緒 前回は同窓生の男性もいては入れなかったが今回は湯気が一杯おまけには入り口には衝立が立ててあり 安心して かの有名な千人風呂に入ることが出来た。 お昼はそば粉100%の おそばを食べる つなぎがないのでぽろぽろ切れる 
e0014991_2153177.jpg

今夜は 岩手の厳美渓温泉『一関市』に泊る。。さあ!頑張って先に進もう。。。
この前 泊った 蔦温泉を通り過ぎ 蔦川沿いに奥入瀬に向かう 蔦川沿いの紅葉も素晴らしい
e0014991_2156874.jpg

奥入瀬に入ったとたん 車 車 遊歩道も 人が一杯 でも 奥入瀬の渓流と紅葉や 樹木は絵になるなあ 
e0014991_21583367.jpg
e0014991_2159812.jpg


銚子大滝付近は 観光バス 乗用車が少ない駐車ペースを埋めていて 停めることも出来なかった。。十和田湖畔を半周し 初狩峠から 一路 岩手の厳美渓温泉に、、車窓からも 何度もため息を出すほど 綺麗な紅葉を見ることが出来 幸せだった。

[PR]

by htokuyama3 | 2006-10-26 21:36 | Comments(2)
2006年 10月 26日

旅3日目 恐山

お天気は曇りだが 雨さえ降らねばよしとしよう。。そう言いつつも 紅葉はお日様が出るとうんと綺麗なんだけどなあ。。と 愚痴が出る
予定では昨日 恐山を見て 今日は仏が浦で船に乗る予定だったそうな。。全て夫が立てた計画なのだが いくらなんでも盛り沢山すぎて。。時間の計算間違いだったようだ。
今回の旅の主目的は 半年で浄土に旅立った 両親 日本三大霊場の恐山に行ってみようというものだったので 仏が浦見物は 残念だが中止 一路 恐山を目指す
e0014991_21255188.jpg

見えてきた。。辺り一帯 硫黄の湯煙が立ち 異様な雰囲気だ
e0014991_21271587.jpg

賽の河原には 2歳や3歳の子供の名前を書いたものや 親の法名や 中には表札など沢山のおまいりに来た証がある 白い硫黄の土と 石ころをケルンのように積み重ねた小山など寂しいムードが漂っている 
e0014991_21305039.jpg

噴火で出来たであろう湖と周りの木々の紅葉が 神秘的なムードを漂わせている
いたこの口寄せという 死者との会話をする人が居ることでも有名だが 宿坊もあり 訪れる人も多いようだ。
e0014991_21343983.jpg

[PR]

by htokuyama3 | 2006-10-26 21:18 | Comments(1)
2006年 10月 25日

2日目 秋田~青森 下北半島へ

昨日とは打って変わって ピーカンの最高のドライブ日和
秋田市内に 変わった建物発見!
e0014991_2041387.jpg

斬新なデザインは 体育館 次期国体の開催地が秋田だそうな・・・
今日の最初の目的地は男鹿半島の突端の入道崎
10年前に行った時は ガスがかかり全く見えない。。今日は水平線がま~るく見えて 地球は丸いね。。と 実感する
更に 日本海岸をひたすら北上すること2時間 黄金崎に着く ここは『五能線の中間部』 にある 一軒宿 不老不死温泉の 海の露天風呂に入る。。 

雨や波が高いと 海辺の岩場にぽっかりとあるので入浴できないのでお天気に恵まれた今日は 最高! 混浴とのことで水着を持っていったが 水着は不可
だが 女風呂が仕切られてあるというので ホッとする。。 ここで デジカメ電池切れ。。え~~~!!
露天風呂の前は岩場で 波が高いとお風呂にも海水が入る 岩場でおじいさんがこちらをちらちら見ながら魚を取っている 向こうを見てる隙に お風呂に入ると 隣の混浴風呂から 真っ裸のオジサンが 魚を取ってるおじいさんのところに行き何か話してる。 見たくもない 裸を見せ付けんばかりに。。。
先を急ぐので 夫と20分で上がる約束。。
今夜は 下北半島の大間の近くの温泉に予約してあり 八甲田にも寄り 恐山にも行きたいというが 地図をみると 相当の距離 無理無理。。と思うが 頑固な夫 言えばむくれるので
触れない。。時間短縮のため コンビニでおにぎりや食べ物を買い ひたすら走る

鯵ヶ沢 ここは相撲取りの舞の海の出身地 そこから 御所河原~青森~浅虫温泉~
陸奥市に入る だんだん暗くなってくる もう 恐山は無理なので 今夜泊る 下風呂温泉に向かう
お天気が良いと北海道が見えるというが今日はもう暗い 5時過ぎ 硫黄のにおいがむんむんする
下風呂温泉到着 建物はあまり。。だが 掛け流しの温泉の素晴らしいこと! おまけに食事がすごい! うに あわび いか ほたて ホッキ貝 甘エビ かんぱち などなど 鮮度抜群のお刺身や 鍋 そして 一人一個のあわびの踊り焼き・・・柔らかくて 歯の悪い夫も 美味しい!柔らかいと大喜び 宿のご主人が うちは飯は自信が有る 何度も来る客が一杯居るよ~と 自慢してただけはある。
飲んで食べてお風呂に入って 長時間運転してた夫は早々に寝てしまい 私はひとり 日本シリーズで 優勝した日ハムの 新庄の 涙 涙の会見をのんびり見てた・・下北半島も紅葉真っ盛り!明日はもっとすごい紅葉を見ることが出来そうだ 
e0014991_21115769.jpg
e0014991_21125393.jpg
e0014991_21133310.jpg
 天気予報は晴れ! 船の写真は秋田港に停泊してた 苫小牧行きのフェリー  次回は船旅もいいな・・

[PR]

by htokuyama3 | 2006-10-25 20:39 | Comments(0)
2006年 10月 24日

続き

秋田のホテルには11時間かかって無事到着 途中3件のスリップ事故を目撃 走行距離は810キロ 疲れた ちなみに運転は夫
[PR]

by htokuyama3 | 2006-10-24 21:13 | Comments(1)
2006年 10月 24日

東北ぶらり旅1

e0014991_2125356.jpg

義母の一周忌も無事終え この一年は義父も見送る激動の年だった 紅葉狩りと 青森の霊場 恐山に行く計画を立て 初日は秋田まで あいにくの雨 朝7時過ぎに出発 北陸道 関越~磐越道~東北道~秋田道 雨のため スリ
[PR]

by htokuyama3 | 2006-10-24 21:02 | Comments(0)
2006年 10月 24日

続き3

秋田のホテルは 偶然にも4年前お友達と竿灯祭りを見て 泊った同じホテル
夫が全て 手配したので びっくり!
夕食は むかしからの秋田市の繁華街 川反通りの 郷土料理のお店に行く

浜焼ききりたんぽ(魚介ときりたんぽ 野菜を 焼いた石を入れた熱で煮るもの)や
お刺身 とんぶり ハタハタ寿司 などを食べる 地酒などを飲んで 二人で¥6000
安い! 
そしておなか一杯 サラリーマンや 常連さんが一杯だった
ネットで調べたのも 夫 クーポン券をプリントアウトして持っていったので 1品サービスつき。。雨や風の強い中を運転して行ったので お互いに疲れ果て ぐっすり眠った
e0014991_2037183.jpg
e0014991_20372241.jpg
e0014991_20375233.jpg
e0014991_2038164.jpg

[PR]

by htokuyama3 | 2006-10-24 20:27 | Comments(0)
2006年 10月 22日

義母の1周忌

昨年10月27日に 義母は81歳の生涯を 3人の息子に見守られ 亡くなった
あっという間に 6ヵ月後に 義父も 義母に呼び寄せられるように亡くなり
本当に忙しい1年だった

今日は 1周忌法要を納めた 義弟が今回も綺麗なお花を お供えしてくれて どんなにか 義母も喜んでいることだろう

e0014991_23202364.jpg
1周忌に間に合わせ 両親一緒の 院号法名軸も出来上がり 仏壇に飾ることが出来 跡取り夫婦は 毎回 初めてのことばかりで 漏れはないか 失敗はないかと 緊張の連続だ
お花の好きな私 綺麗な 花に 心が和む。。

[PR]

by htokuyama3 | 2006-10-22 22:06 | Comments(0)
2006年 10月 21日

親戚の法事

母の実家は浄土真宗のお寺で 今年の報恩講に 山門を建てたので その落慶法要と祖父の50回忌祖母の33回忌と合わせて行うことになり 孫の私達夫婦も招待された
e0014991_16514113.jpg

宮大工の手で釘を1本も使わない技法で作られた 山門は 欅の立派なもの
お稚児行列もでて 親戚の私達も 留袖姿の礼装で お練りに加わることになった。
雲一つない10月の青空の下 70人の可愛いお稚児さんと 同じく礼装姿のママ パパ お婆ちゃんまでが加わる家もあり 総数 170人くらいだろうか?
和服文化のこの地方らしく 加賀友禅の留袖が多く 見てるだけで楽しい
私も 友禅作家の友人の書いた留袖を着る 今朝は早くから美容院で アップ風に髪もセットしてもらい いつ似なくメイクもバッチリ!
e0014991_16581330.jpg

遠くにいる従兄弟達も集まり 法事とはいえおめでたい法事なので 気分も華やぐ
お練の後 山門の落慶法要
e0014991_1721893.jpg
 本堂での 祖父母の法事 もう一度 本堂を可愛いお稚児さんのお練が2周される。
e0014991_1713156.jpg

法事の後 料理屋さんでの食事会が始まったのが4時 帰宅が6時半 長いい一日だったが 着付けの上手い美容師さんのお陰で着崩れることもなく 久しぶりに はんなりとした楽しい一日だった

[PR]

by htokuyama3 | 2006-10-21 16:55 | Comments(3)