<   2006年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 31日

私の2006年

義母の喪中で明けた 2006年は 昨年以上に たくさんの出来事があった
大雪に見舞われ気分転換で出かけた 沖縄では 1月というのに さくら満開で 期待以上の花見ができた
e0014991_1194329.jpg


4月には 久しぶりに 埼玉の家に帰省し その往復は 長野や高山でも桜を見たり 旧友たちとも再会をしたり 娘夫婦の新築した家を訪問など 盛り沢山の楽しい思いをした

途中 義父の主治医の電話で 体調不良を知り 帰宅 10日後に 義父が89歳の人生の幕を閉じた 義母の死から6ヵ月半 田舎の長男夫婦の 葬儀の忙しさは並大抵ではなく 義母で経験済みとはいえ 旧態依然の葬儀の良い面悪い面 おまけに都会に長く住み 慣習に馴染めないことに対処する大変さには 夫婦ともども頭をひねることも多く 夫婦仲が良くなったという可笑しな副産物も義父の死で得た・・

四十九日法要や 両親の初盆 お寺関係とのお付き合い?も多々経験した
8月には 37年前 乗船した 総理府青年の船3回生の同窓会を 石川県で開催し 101名の参加で2泊3日 能登一周や金沢観光などで 懐かしい仲間との楽しいひと時は 20代にタイムスリップし 元気が出る源となった

秋に義母の1周忌を終えて 恐山に行こうと 数年ぶりに東北へ旅した 紅葉真っ盛りで
景色 美味を堪能し 2500キロ走破 途中 仙台では 友人宅にお邪魔し イタリア旅行の思い出に浸り 楽しい楽しい旅行をすることが出来た
e0014991_11273833.jpg


秋も深まり 今年も名産の ころ柿を作った 5年目に入り いろんなことがわかってきて いよいよ 夫婦ともども  ころ柿作りの魅力にはまった お陰様で 買ってくださる方も口コミで増え刺激の少ない 夫婦だけの田舎暮らしに晩秋の楽しく やり甲斐のあるものになってきたのは とても嬉しい
e0014991_11445626.jpg
 こうして 色々書いてみると 楽しいことばかりだが 辛いことや 腹立たしいことがないわけではない 最近 なるべく楽しいことを思って暮らそうと心掛けているからである。

 四季の豊かな恵みのなか私は 好きな 手仕事や お料理など 生かされていることに至福の喜びを感じている 

家族や 周囲の方に感謝し ♪上を向いて歩こう♪ の精神で 明るく 心身ともに ここのテーマ“今日も元気一杯に” 来年も生きていたいと思っている

今年も 拙い誤字脱字ばかりの ブログに着てくださった皆様 コメントを寄せてくださった皆様に 心より 感謝申します 来年もどうぞ宜しく 今日の能登の雪景色で終りたいと思います
e0014991_1139545.jpg



[PR]

by htokuyama3 | 2006-12-31 11:52 | Comments(1)
2006年 12月 24日

クリスマスムードで

今日はクリスマスイブ 仏教徒でも 街にクリスマスソングや お店などのディスプレーに 大人も子供も 何故かウキウキするのは 節操がないといわれそうだが 楽しい気分になれるのは ハッピーなことだ。
喪中のわがや おおっぴらに ツリーや リースを飾るのは 気が引ける
10月末に ポーセラーツで作った ツリー型の ケーキ皿を 出してみる 去年は マグカップを作った 毎回 どんな風につくろうかしら?と  頭を悩ますのだが 今回も シンプルに作る

e0014991_1203158.jpg
先生が“後ろも転写紙で飾ってもいいですよ” と仰ったので 思い切り 派手派手に・・・
幾つになっても 遊び心健在です
e0014991_1215279.jpg


去年のマグカップと並べて・・・ ささやかな そして 格調高く『自分ではそう思ってるの』手作りのポーセラーツの クリスマス 今から久しぶりにケーキでもつくろうかな? 太るからやめようかな? 暖冬で ホワイトクリスマスとは程遠い クリスマスイヴを迎えられそうだ
雪は もっと後で
e0014991_1253694.jpg
いいな。。。

[PR]

by htokuyama3 | 2006-12-24 12:06 | Comments(0)
2006年 12月 21日

母へのクリスマスプレゼント

2ヶ月くらい前 ネット仲間の ニット作家の 毛糸だま さんから イタリア製のマフラー用の毛糸と 説明書を送ってもらったが ころ柿 作りで忙しくて そのままにしてあった
昨日 ころ柿も終了したので 夕食後から テレビを横目に 必死でマフラーを編む
10数年ぶりの編み物 うっかりすると 表目 裏目がゴチャゴチャに・・・

私の分で先ず編む ようやく 思い出して一つ出来上がったので 母の文を編む 段染め糸で素敵な毛糸
2つ ようやく出来上がった クリスマスプレゼントに 間に合いそうだ。。
お洒落な母 イタリー製の毛糸だというと きっとすごく喜ぶだろう・・

毛糸や説明書を送ってくださった 毛糸だまさん どうもありがとう!
e0014991_21233927.jpg
 

[PR]

by htokuyama3 | 2006-12-21 21:24 | Comments(2)
2006年 12月 20日

ころ柿作り終了

今年もわが町名産のころ柿を 11月初めから 夫と作り出した
木から 柿の実をもぐことからはじめ 蔕をとり皮をむき 2個づつ 紐でくくり 硫黄で薫蒸し
納屋で扇風機を24時間回し2週間干す 
e0014991_2194553.jpg
その間湿度を70%内にキープしないと すぐにカビが発生するので 湿度が上がると我が家では 薪ストーブを焚き 湿度をさげる

2週間すると 皮が干せて張ってくるので 手でやわらかくもみ 2階の乾燥室でこんどはストーブと扇風機で24度前後で干す その間にも2度 果肉が羊羹状になるように 手で揉み干す

飴色に干せてきたら出来上がり。。その間 火を使うので 家も空けられないし 何度も温度や湿度の管理をする
その ころ柿 がやっと全部終った 約2800個干したが 出来上がりの悪い物も若干ある

 今年もお友達へのお歳暮に 55箱送り 注文が来たのが 50箱余り 
年々 色々なことが分かり 来年はもっと良いものをしようと 作れば作るほど面白くなってきたもの作りって本当に楽しい デパートやスーパーの半額近くで売るせいか 少しだが収入にもなり 結構張り合いがある。 来年も買ってくださった方宜しくね
e0014991_21103011.jpg

[PR]

by htokuyama3 | 2006-12-20 20:54 | Comments(10)
2006年 12月 13日

物故者法要&受勲祝い

今年も若いときのサークルのOB会の物故者法要と 仲間の受勲祝いの日がやってきた
この日だけは 参加させてもらっている なにしろ 妻の外出を極端に嫌う人との暮らしは自由が少ないのだが この日は出ることにしてる
機嫌を良くしてもらうため  一緒に外出してお昼美味しい物でも食べるう?と聞くと ニコニコ顔の旦那様  お昼は彼の希望で 犀川大橋岸の てらきや でランチ
e0014991_19241117.jpg

私はこの日替わりランチで¥800 鮮度抜群のお刺身 自家製のかぶら寿司 鱈・眞子 玉葱 京人参の煮物 漬物ご飯味噌汁付き 夫はアラカルトで 鱈の煮物『一切れの身』 鱈の眞子の煮付け ご飯と味噌汁漬物で¥1600 合計¥2400
アラカルトはカウンターに並んだおかずをチョイスする
e0014991_1929093.jpg

ここは 10年位前まで お魚屋さんで 奥で取れ取れの新鮮なお料理を出す店で有名
永禄輔さんなどが いつも推薦している
 気をつけて注文しないと結構高め・・夕方 物故者法要と後のパーティに参加し夜は金沢の息子の部屋で泊るので 旦那様には大サーヴィスだ・・金沢は 特に冬がお魚が美味 鱈の刺身などはここでしか食べられない
寒鰤 かに 能登の牡蠣 なまこ少し寒いが食いしん坊金沢に集まれ~~
夜の法要は 小立野の仲間のお寺で始まり
e0014991_1944416.jpg
 関連の役所の偉い産なども臨席の 受勲の二人のお祝い 法要の後は繁華街 片町に繰り出し タクシーの中から街のイルミネーションなんぞ見て 久しぶりにリラックス さ~明日から 元気出して頑張るぞ~~~
e0014991_19482578.jpg

[PR]

by htokuyama3 | 2006-12-13 19:17 | Comments(2)
2006年 12月 11日

嬉しい贈り物

愛知県に転勤している次男がお正月休みが取れないので『サーヴィス業のため』 初めてボーナスで買ったというお歳暮を持って帰ってきた

 日頃夫との二人暮らし急に気分も華やぐ  何が食べたい?と聞くと 鰤大根と鰤カマの塩焼きという
早速 お隣の富山の氷見に鰤を買いに行く 何と1本もしくは半身しか売らないという
半身で¥37000 目が点! これは魚市場 海越えに雪をかぶった立山連峰が見える
e0014991_2027251.jpg
ならば地元のスーパーに。。手軽な分量の 能登や七尾の海で取れた鰤などがある
氷見は七尾 富山湾内にあるので 海続きだ  ならわざわざ氷見まで来なくても・・と思ったが美味しい寒鰤を息子に食べさせたい夫の気持ちだ

夕方 次男は 始めてのお歳暮『ハムの詰め合わせを』もって やってきた

夕食は次男の希望で お刺身 鰤のカマの塩焼き 鰤大根『煮物』 筑前煮 などなど
純和風の取り合わせ 夜は 長男から 能登の海であがった 加能かに『加賀 能登の名前をつけたブランドかに 』 が送られた来た
e0014991_20262253.jpg

冷凍庫に入れる前に記念写真、、次男曰く 家の親は 幼稚だなあ~
夫婦二人の変化のない暮らしに たった一人家族が加わるだけどパ~っと明るくなる
久しぶりに心ウキウキの 一夜だった

[PR]

by htokuyama3 | 2006-12-11 19:52 | Comments(0)