今日も元気一杯!

htokuyama3.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 23日

いよいよ帰国の途に

10時発の フライトのため 6時ホテル出発 昨夜近くのコンビニで 韓国ウォンをありったけ使って カップスープとおにぎりを買う 5時起床 スープを飲むがおにぎりはいらなかった お土産屋さんに寄って最後のお買いもの 飛行場に着いたら 飛行機のチケットをなくした人 パスポートをスーツケースに入れた人、、と一騒動 高齢者が多いので 自分ではしっかりしてるようだが アクシデント続出 中には背中に背負ってたリュックがないという人も。。。最後に来てガイドのソンさん〔孫さん)は大忙しだった
各自で 飛行機のチェックインするように言われ 我先にと皆さんダッシュ! 2時間前なんだから、、と最後にチェックイン これが ハッピーな結果になった
往きもそうだったが 今日も飛行機が30分も遅れ 待ってるうちにおなかが空いた 久しぶりに美味しいコーヒーとサンドウイッチを食べる 韓国での朝食は毎日ご飯だった 我が家はパン食なので 一寸懐かしくて嬉しかった
搭乗時間になり 飛行機に乗ると 何と私達は ビジネスシートだ 広くてゆったりしてて最高! 先にチェックインした人たちは 高校生の修学旅行の列に入れられてたとか。。同じエコノミーのチケットなのに。。運が良かったのだろうが 最高! おまけがもう一つ 行きの飛行機で 客室乗務員の方たちの エプロンが韓国の刺繍の素敵な物だったので機内ショッピングにも売ってると書いてあったので 娘と色違いで買って帰ろうと思って お願いしたら短いフライトで食事を出してたら時間がなくなったのと 売り切れとか。。しきりに ごめんなさいと謝られ”いいのよ。。”と納得してたのに 降りる時 その客室乗務員さんが 先ほどは申しわけありませんでしたと 私達に1個づつ アシアナ航空のトランプを一コづつくれるではないか・・
本当にラッキーだった おまけにお天気も最高で 関空に近ずいたら 4月に花見で訪れた明石海峡大橋も真下に見えて 嬉しくなった 今回は仲良く旅が出来 まずまずだった。
e0014991_22283153.jpg
 

[PR]

by htokuyama3 | 2007-05-23 22:10 | 旅行 | Comments(0)
2007年 05月 22日

ソウルフリータイム

観光のあと ソウルでも有名な繁華街 明洞〔ミョンドン〕で解散になる オプショナルツアーで エステや ショーを見てホテルまでつれてってくれるコースもあったが 私達は前もって 本を買い予定を立てたので 皆さんとバイバイ 韓国のリピーターや親戚のある人など 半分はフリータイムを選んだようだった ミョンドンは東京ならさしずめ 原宿のようなところ
e0014991_2184626.jpg
そこから 地下鉄に乗ってみようと 地図とにらめっこ
e0014991_21101081.jpg
。。韓国の地下鉄に乗るには場所によっては路線が重なっているため随分と地下にもぐる。。料金は大体 1000~1200ウォン 日本円で¥140~¥160いずこも鉄道は安い
今回ツアーの食事は まあまあとは言うものの 韓国の焼肉やサムゲタンは高価なので出ない 食いしん坊夫婦としては 一度くらい美味しい物を食べようと下調べをし サムゲタンは寒い時のほうがいいので 次回に回し 骨付きカルビの焼肉を選択する 江南〔カンナム〕地区は漢江の南に広がる新都心でお洒落なカフェやショップが点在するところ そこにある 著名人が集まる美味しい焼肉のお店に行こうという ミョンドンから地下鉄に乗り漢江を横切り 幾つ目の駅、、と必死に数える 何しろハングル文字しか表示が無い ただ日本語明記の本を持ってるので幾つ目の駅、、と覚えて・
地下鉄を出て歩けど歩けど目的地はわからない 夫はガンガン進め進めと地図をみて歩くが 何処にいるか途中からわからなくなる 今日は朝から10キロ近く歩いている、、もう歩きたくない私は必死に道行く人に聞くが 英語力の乏しい私の言葉ではなかなか通じない 
夫は全く聞こうとはしないので コンビニや 道行く人などに聞いて 40分後やっと 目的とする ヌルボヌ公園という 各界の著名人も集まるというお店に到着~  早速 骨付きカルビを2人前注文する 1人前180グラムだ そのあと ロース肉1人前を追加 ビールを飲んだらおなか一杯で ご飯はいらない
流石に一流店 添えてあるお料理の中身が違う つきっきりで綺麗なお姉さんがお肉を焼いて はさみで食べやすく切って 野菜などに巻いてくれる タレもオリジナルで ”まいう~”
e0014991_21532172.jpg
e0014991_21471173.jpg

ツアーのお食事にはフルーツやデザートの類は皆無で コンビニで果物やヨーグルトなどを買って食べてたので ここでのはディナーを食べた!という気分だ 
レストランでタクシーを呼んでもらい ホテルに直行 韓国 最後の夜だと思うと 寂しいな あと2日くらいソウルでブラブラしたいなあと思ったフォトは14階の部屋からのソウルの夜景 
e0014991_2232751.jpg

[PR]

by htokuyama3 | 2007-05-22 21:02 | 旅行 | Comments(0)
2007年 05月 22日

韓国4日目 いよいよソウルに

儒城『ユソン』での朝食は カルビ湯『タンと読む』 骨付きカルビの煮込みスープで 澄み切ったとても美味しいスープに 骨付き肉入り
e0014991_20183329.jpg

儒城は大田市〔デジョン〕にあり サッカーのワールドカップが行われたところ ホテル内にも韓国ナショナルチームの大きな写真やサイン入りのものなどが飾ってあった
e0014991_20231769.jpg

今日はソウルに向かう 途中 水原〔スヲン〕で かつての都の有った町による ここは城壁に囲まれた街で 広い城壁の中に都市があったのが見ることが出来 島国日本では見られぬ光景だ 広すぎて全てを写真に取ることはできないので 記憶に留める外壁の中にあるのが 華城の跡
e0014991_20273121.jpg
今日も25度の暑い日 連日ミネラルウォーターをコンビニで買い込み飲む 韓国の生水は日本人にはタブーなので。水原から高速で1時間で 首都ソウルに付く 免税店や民芸品店と ガイドさんに連れられ お買い物 我が家はあまり荷物を持つのが嫌い お土産も最小限 いつもその土地の工芸品などを一つ買うことにしていて 今回も 青磁の壷と 螺鈿の飾り盆を購入
ブランド物にも洋酒もあまり興味が無いので 冷やかし専門だ
買い物のあとはランチタイム 今日は昔米兵の街としてソウル一ハイカラな街イテオンにあるお店で 石焼ビビンパブを食べる
e0014991_20372228.jpg
混ぜるとおこげも美味しい この店は 韓国ドラマ “悲しき恋歌”のロケが行われたお店でかなり有名
e0014991_20392869.jpg
だとか。。このドラマをみてたので 一寸嬉しい気分 ミーハーだ・・

今回の最後の観光は世界遺産 昌徳宮〔チャンドックン〕 王宮跡の観光で 5.6キロの歩きコース 日本人の観光予約時間が決められてて 1時間半説明を聞きながら観光するものだ 広いのと 見所が一杯で何処を撮ればいいのか迷ってしまう ここは王宮の最初の門
e0014991_20441132.jpg

下級官吏の家などは 男子と女子の部屋が建物半分に分かれてて ドラマ チャングム。。の女官達の部屋とそっくりなので セットとはいえ 寸分たがわぬ造りと感心する 夫も ”チャングムの誓い”のファンなので 王様の健康のため散歩を付き合う医女チャングムとのシーンのため 王様の池が ロケされたと聞き 我が家でもツーショットを撮ったがここは池のみの写真
e0014991_2050065.jpg

いやぁ~さすが朝鮮王朝の王宮跡は立派でした。 又季節の違う時に是非行きたいねと二人の意見が一致した 前回、母と来た時は宗廟〔歴代王と王妃を祀る世界遺産〕を訪れこちらもとても良かった思い出がある 続く/b>
[PR]

by htokuyama3 | 2007-05-22 20:12 | 旅行 | Comments(0)
2007年 05月 21日

韓国3日目

旅も3日目になりツアーのメンバーとも打ち解けてきた 今回のツアーは37名 そのうち 夫婦は4組 男性2人連れが1組 母娘1組 後は女性ばかり5人組や 男女入り混じった7人組みなどなど 男性8人に対して29人が女性 
そのうちの10人は在日韓国人だったので ハングル語で現地の人やガイドさんと話してたり 看板などを読んでいた お料理など説明してくれて良かった

 主人は 夫婦連れで来ていないのは まともじゃないなどと可笑しなことを言う 友達とくるのも楽しいと言うことを知らないのか? いつも 旅の楽しみは一緒に共有すればこそ、、という その通りだが 友達と来るのも楽しいのになあ、、と思うのが女性なのだろう 
朝食は韓国式定食 若布スープとキムチなどのおかずと白いご飯
食事のあと小規模の韓国の桂林という 嶋漂三峰
e0014991_23173052.jpg
を見 公州へ 公州は昔の都のあったところで 公山城跡を見学する 今の季節は修学旅行の季節で 子供たちが一杯で 韓国の女学生は正座をしないので皆とても足が綺麗だったフォトはお城
e0014991_23303741.jpg
昼食はお城の近くの一軒家のレストランでビビンパブの昼食 ご飯が粟などの入ったものでおかずも上品な今までに無い韓国料理で公州の郷土料理だとか。。 とても美味しかったビビンパブとは混ぜご飯の意味で地方で随分特色があるそうだ 混ぜて食べるので白いご飯も食べる時はいろんな物が入りカラフルになる
e0014991_23342556.jpg
e0014991_23351353.jpg
 
e0014991_23372588.jpg

食事のあとは 遼寧王の古墳のある公園へ 中の資料館には 出土した財宝のレプリカや古墳の中を再現した物がありとても興味深かった
e0014991_034332.jpg
夕食は 韓国料理でも有名な味付け焼肉のプルコギ 野菜や味噌をつけサンチュで巻いて食べる これも美味しかった 今夜は 儒城『ユソン』に泊る ここは昔から良い温泉の出る町である。

[PR]

by htokuyama3 | 2007-05-21 23:03 | 旅行 | Comments(0)
2007年 05月 20日

韓国2日目パート2

安東を見学し バスの駐車場に向かい歩いていると 演芸会をやっていた 2人の女の人が歌っている 日曜日なのでそんな催しがあるらしく 野外舞台で椅子席の見物客5.60人くらい 
e0014991_22433290.jpg
 少し離れたところで 踊りの衣装で どうやら白鷺の踊りらしいいでたちの若者が練習をしている
e0014991_22462265.jpg
 少し見て居たかったが 集合時間が迫ってて残念だった エリザベス女王がいらした日は女王の誕生日で 韓国のお祝いのお料理をお出ししたそうでそのときの写真も展示館に飾ってあった すごい種類の宮廷料理で 興味深かった
e0014991_22495116.jpg

リュウシオンの家の前に綺麗なバラが咲いていたのでこれも記念にパチリ
e0014991_22514221.jpg
!夕食は ゴンドレ釜飯定食、、といっても おかずが一杯で釜飯は最後 ゴンドレとは 山菜という意味最後におこげにお茶を入れて食べるとデザート感覚と言うがおなかが一杯で残してしまった
e0014991_22545095.jpg
食事はこのおかずのほかに釜飯 向かい合って二人でこのおかずを食べる キムチやナムル 豆腐などなど 野菜がたっぷりで食べるとすぐにおかずを追加でお皿に入れてくれる 肉類の4倍くらい野菜類のおかずが付くのが普通らしい 家庭で毎食これだけ作ることを思うとびっくりだ 尤もキムチなどの漬物類も多い ヘルシーこの上ない
今夜の丹陽のホテルも リゾート地のベッドルームが2つあるお部屋で 広いのにたった2人で使うのは勿体ない。かといって 別々の部屋に寝るのも。。今夜もオンドル〔床暖房〕が入っている 暑いので窓を少し開けて寝た

[PR]

by htokuyama3 | 2007-05-20 22:38 | 旅行 | Comments(1)
2007年 05月 20日

韓国2日目

朝食は 若布スープと焼き魚定食 この店は世界の有名人が来るとかで 水前寺清子の色紙も飾ってあったが 焼き魚は秋刀魚が半匹 牛スープの若布スープに キムチなどのおかずが数種類
e0014991_2124778.jpg
 若布スープはおめでたい日には欠かせない物とか、、韓国ドラマでもよく登場する そのあと 高速に乗り 世界遺産 伽ヤ山海印寺にいく 
e0014991_21244945.jpg
ここは新羅時代の名刹で 高麗八万大蔵経 と呼ばれる高麗時代のお経の版木で有名 前回 母と来た時は 母がもう歩けないと言うので すぐ近くなのに 見れず仲間の話だけだったが今回は見れて良かった うっかり  写真を撮ってしまったがあとで駄目だったと知り ???良かったのかなあ。。。
e0014991_21235880.jpg

ここでも 24日のお釈迦様の誕生日を祝う提灯が飾られここのは絹地の提灯だった ガイドの孫さんはここの提灯が一番好きだと
e0014991_2129493.jpg
。。
往復5キロくらい歩いた後の昼食は 韓国冷麺 そば粉とジャガイモのでんぷんで作られた綿はゴムのような食感で 上に梨が一切れとゆで卵が半分乗せてある甘酸っぱい冷たい汁の中にあり お店の人が鋏で丼の中で切ってくれる 味はまあまあだが ボリュームが少ないので個人持ちで チジミを。。と言われ 10000ウォン(1400¥) あまり美味しくはなかった・・隣の人と割り勘する
e0014991_21351893.jpg

海印寺のあとは 安東河回村 見学』昔の貴族 リャンバンと呼ばれる人たちの住んでいた村を今も保存してあり エリザベス女王も訪れたところだ 俳優の リュ シオンもその有名な一族で 彼の家の本家が有名だが彼の家はその分家として立派な家が今もあった
e0014991_21455956.jpg
つづく。。

[PR]

by htokuyama3 | 2007-05-20 20:56 | 旅行 | Comments(2)
2007年 05月 19日

慶州〔キョンジュ〕2

世界遺産の仏国寺は とても素敵な建物で 流石に新羅王朝1000年の都として栄えた象徴的なお寺だ 今年のえとは猪だが韓国ではイノシシ年はなくて 豚年といい 金の豚は縁起がいいとお寺の境内に置いてあった
e0014991_21534333.jpg
e0014991_2129332.jpg
 
韓国一日目のホテルは 湖の畔に立つ 温泉地のリゾートホテル 私達の部屋はベッドルームは2つ キッチンには IHのクッキングテーブル 食器 フライパンなどの調理用品が完備し 家族で長期滞在し お料理も作って地下の温泉やプールに入り 地下のスーパーには食材が揃っていた 食事に果物が出なかったので スーパーでマクワ瓜1個2000ウォン(¥280)を買う 部屋には包丁もお皿も完備してて 便利だ

土曜日なので家族連れが多く 韓国でも富裕層の人たちはこんなに優雅な暮らしをしてるのだと思った 勿論 床はオンドルという 床暖房で27度に設定されてて 日本人は暑いと言うと ガイドさんは言っていた 窓を開けて冷ましてね。。とも
e0014991_21382929.jpg

夕食は 豚カルビ〔茹で豚〕 で油が全く感じないさっぱりした物で サンチュで味噌を付けて巻いて食べる物
e0014991_21421571.jpg
 朝から飛行場で3時間も待ったりし温泉に浸かりさぁ~寝るぞ、、とベッドでうとうとしてたら 突然 ドド~ン パンパンと外が騒がしい 時間は9時を過ぎている 湖に花火が上がってるようだが 疲れてすぐに夢の仲に。。 翌日 ツア~仲間の方が 北朝鮮が攻めてきて戦争が始まったかと思ったといってられた  花火大会でよかった
e0014991_21521981.jpg

[PR]

by htokuyama3 | 2007-05-19 21:23 | 旅行 | Comments(3)
2007年 05月 19日

いよいよ 出国 韓国入国

午前9時50分 団体窓口集合 聞くと37人のツアーとのこと 釜山の飛行場で現地のガイドさんが出迎えてくれるそうで 同じ阪急のバッヂをつけた人たちがきっと4泊5日のお仲間さんかな?と思う 11時50分発だが 韓国からの飛行機の到着が30分遅れて 出発もその分遅れる
 煙草をやめた主人は免税店で煙草を買うことも無く 特に欲しい化粧品もない私 待合室で 飛行機を見たり ブラブラ。。1時間半もすると 飽きてきた。。と パソコンが通路に何代も置いてあり インターネット無料とある  

早速 ヤフーのトップで自分のHPを検索し いつも仲良くお付き合いしているお友達の掲示板に 書き込みをする 関空も随分粋な計らいをしてるなあ。。。勿論 成田や他の大きな国際空港ではこんなサーヴィスをする世の中になってるのかな?

やっと11時半 飛行機到着 12時半出発 釜山には午後2時到着する この前海外に行ったのは母と台湾に行って以来だから 4年かな。。。
e0014991_15534616.jpg


釜山は素通りし先ずは慶州の 世界遺産である 石窟岩 大きな岩の中に 立派な石の仏像が山の中腹に安置してある 写真禁止なのが 残念だ ここも 母と一度訪れてるが夫は初めて
e0014991_15525733.jpg
つづく。。。


[PR]

by htokuyama3 | 2007-05-19 15:48 | Comments(2)
2007年 05月 18日

旅日記 出国前日2

丸岡城を見て 北陸道から名神道に乗り お昼は何処にしよう?と言うことになり
折角だから 京都で食べれば?と 夫の好きな いずうの鯖寿司か 南座横の 松葉のにしんそばでは?と提案すると 急に不機嫌になる ??? なんか悪いこと言ったかな?
良かれと提案するも おなかが空いてて 京都までは待てないと怒り出す始末 ”そんなら 私に聞かないでくれる?”と 旅行第一回の喧嘩・・気まずい沈黙の後 夫は とあるSAに寄るが
大した美味しい物もなく 簡単なもので昼食 もうこうなったら 提案なんかするもんか・・

でも大坂の町を過ぎ 関空が近くなると 楽しい気分復活~! 日頃無口な夫も お口滑らか・・ルンルン気分だから やっぱり旅はいいわ~ 関空内にある 日航ホテルの駐車場に車を入れて チェックイン! 明日の 集合場所の下見と 大好きな飛行機を見に行く

関空は 飛行機を見るため建物が別のところにあり そこまでは¥100でのバスが出ている 早速いくと 家族連れやカップル 立派なカメラを持った人などが居て 次々と離発着する飛行機がすぐ目の前を通過する 本当に迫力があり わざわざそのために作られた施設だ
e0014991_15231585.jpg

明日乗る予定のアシアナ航空の飛行機が着陸しようとしているところをパチリ!1時間近く飛行機に見とれ 童心に返ったひと時を過ごす
 飛行場に戻る通路で 夫の会社の後輩にバッタリ “ 何処に行かれるんですか?”と聞かれ
“明日韓国に” と答える その後輩は以前 ソウルの支店にいた人で今日は外国からの取引先の人を迎えに着たとのこと  まさかこんなところで 7年ぶり〔夫が退職して7年なので〕に再会するとは。。。夕食は おすし屋さんで お刺身とお寿司をつまみ 旅の前祝の乾杯をし ノンビリする 部屋からは 飛行機の離発着が見えて ワクワク楽しい旅イヴだ
e0014991_15334594.jpg

[PR]

by htokuyama3 | 2007-05-18 15:08 | Comments(4)
2007年 05月 18日

旅日記 出国前日Ⅰ

四月三十日 無事 両親の法事を終え  一段楽したので 旅行に出ようと 夫が言い出し 近場の台湾か韓国に行きたいという 台湾は5回も行ったので 韓国に。。と言うことになる 

夫は3年前 脊髄の手術をし 荷物などを長時間もって歩くのが苦手なので 近くの空港からの 韓国ツアーを見ると ソウルで滞在 観光は少なく エステや買い物がメインの物ばかり   勤めてたとき 韓国には数回主張し 会社の支店もあったので 接待で美味しい物は良く食べてたが 仕事なので観光をしていない 
私は5年前 母のお供で 釜山からソウルまで周遊し 百済の立派なお寺などを見て とても良かったので 周遊するツアーを探すと 関空や成田発しかなくて 運転大好き人間の夫は 以前 カナダに行った時も 関空まで車で行ったくらいなので 早速 インターネットで 連休の時 検索し 予約を入れた 行こうと言い出し 3日でツアーの予約 関空日航ホテルの予約〔泊ると15日間駐車場無料〕をするという スピード。。遊ぶ話は 早い早い。

19日午前9時50分集合のため 前日宿泊だ 折角なので 早めに家を出る  何と午前6時
さて 何処に寄り道しようか? 夫は出発時刻は決めても行くところは私に 何処にする?と 無責任 以前 東尋坊に言ったことがないと言ってたので 通り道の福井県なのでそこに先ず行く
e0014991_1459431.jpg

自殺の名所という不名誉な別名もあるが 切り立つ岩と波が見事だ 修学旅行の生徒が一杯いて 中学2年の修学旅行以来、、はるか昔を思い出した
大坂に向けての高速道路を目指す途中 日本最古の本丸を持つ 丸岡城にも立ち寄る
ここも夫は来たことが無いそうで 学生時代から 旅行大好きの遊び人間の私と 勉学一筋も 超真面目な夫との 凸凹コンビ夫婦 まあ良くぞ35年連れ添ってるなあ。。と思う
e0014991_1551942.jpg

[PR]

by htokuyama3 | 2007-05-18 14:17 | Comments(0)