<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2007年 06月 27日

京都の老舗を真似て

今年も 西瓜の奈良漬けを作る季節がやってきた

数年前 京都に行ったとき友人が“ これ美味しいのんえ~”と お土産に買ってくれたのが西瓜の奈良漬け
 テニスボール大のまん丸の状態の西瓜 どうやって漬けるのか試行錯誤すること 数年

丸い状態で作るのは とても難しい 一度塩漬けにして 次に酒かすの中で塩抜きし 更に酒かすやザラメや味醂で数回漬けてやっと美味しいものに到達した。

e0014991_2104742.jpg
ここは 西瓜の産地なので 西瓜農家の方に 摘果する小さい西瓜を分けてもらって作るのだが 自分のさじ加減。。レシピは無い すごく上手に出来る時とそうでないときが有り まだまだ発展途上中だ今年こそ!美味しいのができますように・・・

[PR]

by htokuyama3 | 2007-06-27 20:49 | | Comments(2)
2007年 06月 27日

夏野菜の季節

畑の夏野菜がボチボチ 収穫できるようになった
きゅうりが最近は毎日1.2本 トマトはようやく少し色ついてきているが 茄子もまだ・・

今日は ズッキーニを1本収穫した
たった1本のズッキーニ どうお料理しようか? オリーブ油で ソテイがいいかな?

e0014991_20484241.jpg
ニラも 伸びてきているし 新玉葱も先日収穫した 無農薬で作った野菜は 安心して食べられるのと 鮮度抜群 スーパーの野菜とは味がちがうと自画自賛
でも幸せだなあ。。と一人悦に入っているのです 

[PR]

by htokuyama3 | 2007-06-27 20:40 | 身の回りのこと | Comments(0)
2007年 06月 25日

ラッキョウ

仙台の友人から ラッキョウ漬けが届いた
去年 お宅にお邪魔し ご馳走になり あまりにも美味しいのに 主人が感動したら 帰りに瓶にいれてお土産に下さった 
e0014991_2038591.jpg
今まで主人はラッキョウを食べないので 私も友達が漬けるのを見てて 漬けましょうか?というと 決まって いらない。。だった。
今年は あんなに喜ぶのなら、、と お友達に聞いて漬けたのだが 仙台の友人は 我が家用に2キロのラッキョウを漬けたとかで ようやく美味しく漬かったので 送るね、、と昨日電話があった
美味しいの何の! そこで 我が家のと 食べ比べ 我が家のは 婦人会の共同購入の ラッキョウ酢 で 近所の方から教わったとおりに漬けたのだが 味が 仙台の友人の方は甘めで 我が家の味覚に合う
食卓に出したら ポリポリ ♪やめられない~ 止まらない♪ 季節の味覚を有難うね!

[PR]

by htokuyama3 | 2007-06-25 20:29 | | Comments(0)
2007年 06月 24日

ホタルの季節

今年も ホタルの季節がやってきた わが町のキャッチフレーズに ホタルと星空が綺麗な街 とあるように 夜空の降るような 星は惚れ惚れとするくらい綺麗
星空は 通年をとおして 楽しめるが ホタルとくれば ホンの一時 6月中旬からせいぜい1ヵ月半しか見ることが出来ない

今年は 暖かくて 冬も殆ど雪がふらなかったので 竹の子が1ヶ月も早く出てきたりもしたが
ホタルも いつもより気の早いのが 6月初旬に見ることが出来 先日も 婦人会の会議のあと9時過ぎに帰宅したら 庭の木に ピカピカホタルが光っている 感激~

先週 北陸地方も例年よりも10日遅れで 入梅し 紫陽花も咲きだした

e0014991_946313.jpg
そこで ホタルブクロの花も 急に咲き出して 赤〔ピンク〕 白 が にぎにぎしく 咲いている
ホタルブクロは1.2本 ひっそりとお茶花風に活けるのが本道なのだが こんなに沢山あるので 洋風に紅白入り混ぜて ガラスの花器に生けてみた 洋風の部屋の無い我が家 ミスマッチかもしれないが 広間のテーブルの上にいけてみた ふと気が付いたら バックは 純和風の漆塗りの帯戸 やっぱり我が家に洋風は難しい・・・
e0014991_9505919.jpg

[PR]

by htokuyama3 | 2007-06-24 09:50 | | Comments(0)
2007年 06月 23日

悲しいことがつづく

昨日も 土砂降りの中 お友達のところにお線香をあげによる 先日の告別式にもお参りさせてもらったが ゆっくりお悔やみもいえなかったのと 別の用事があったのだが ここ近年 身近な身内 友人 友人の連れ合いなどに 癌で亡くなる人が多い

義父も 義母も 癌だったが 両親の場合は 老年なのでまだ諦めもつくが 友人のご主人は55歳とまだ若く 自営業 子供さんたちもまだ結婚もしていないし 道半ばでの 死は本当に心残りだったろうし 遺族の無念さと辛さに 胸が痛む

 もう一人も やはり癌 こちらは77歳と 子供たちも結婚し 孫も成人と 安心ではあるが ご主人を亡くした奥様74歳は 日頃の明るくてバイタリティはすっかり影をひそめ 一緒に昔話をし 涙することで幾らか帰るころには柔らかい表情だったが 癌は本当に厄介な病気だ
庭の花を活けるのもついつい 白い花を選ぶ。。どうか安らかにと祈るばかりだ

最近は お数珠を離せないのが 悲しい。
e0014991_10142176.jpg

[PR]

by htokuyama3 | 2007-06-23 10:00 | | Comments(0)
2007年 06月 22日

久々の夜のお出掛け

若いころ ボランティアをしてたグループの(BBS)仲間が 石川県保護司連合会の会長に就任されたのと 保護観察所の所長さんの歓迎会 県BBS会の60周年記念大会の打ち合わせなどが 金沢の会員の経営する お店の別館であり  今夜は金沢の息子の部屋でお泊り (息子は東京の本社出張で留守)

せっかく 金沢に出たので 昔の同僚が クモマクカ で入院してたとの電話があったので お見舞いに行く すごい土砂降りだったが 思ったよりも御元気で ホッとする 
美術の先生で いまや石川県一水会の会長さん 75歳だが楽しい方でお会いするたびに楽しい会話 どうぞ いつまでも御元気で・・

会合の前に 21世紀美術館で行われてる華展に行きたかったが 時間が無くて残念!

会合は30分ほどの会議の後 会食 お肉屋さんの経営するお店なので 美味しい牛肉がどっさり! 今夜はすき焼きパーティー 30人の仲間に女性は2人 皆久しぶりの再会に お喋りに夢中であっという間に時間が経つ 最後に81歳?の マゴちゃんこと孫田さんがこの次はもう居ないかも知れないから 挨拶を・・と きっとこの次も大丈夫よ~と お元気な 孫田節 の長さに 大笑い 
BBS会とは 保護司と一緒に 保護観察や家裁の試験観察中の罪を犯した少年と友達になって 兄や姉のような立場で更生の手助けをする会でイギリスで始まり60年前日本にも導入された団体である 私はこの会で色んなことを学び 数人のケースを担当したのです。
今日は一寸お堅い記事です。本人 結構柔らかいのだけど。。
9時過ぎにお開き 今夜は一人の~んびり。。と思ったが 疲れて すぐに爆酔した。
e0014991_10482722.jpg

[PR]

by htokuyama3 | 2007-06-22 10:19 | Comments(0)
2007年 06月 12日

忙しい一日

いつもの仲良し3人組の例会 今回は東山に有るリーズナブルなお寿司やさんがテレビに出てたので行こうね、、と言って予定してた その前に ネット仲間のyさんちに一寸用事でお寄りしますね、、と言ったら ネット仲間のお菓子作りのお上手なBさんからの美味しいチョコレートケーキがあるからお茶を一杯とお誘いを受け 朝からいそいそ支度をしてたら 夫が 美術館でやっている ナスカ展の前売り券を出して 一緒に金沢に行くと言う、、う~~~ん 予定が狂っちゃう。。と思ったが 随分前 お友達と会う日 朝早くに 美術館に出かけ そこでバイバイしてもいいね、、と言ってたのは私だった その後で Yさんとの 話が有ったんだっけ。。
開館10分後の9時40分 美術館に入る ナスカの人たちの生活用具 お墓から出土したきれいな刺繍や織物のマント 子供と成人のミイラ ナスカの地上絵以外 素晴らしい古代の美術品に ため息が出る
美術館を出て Yさん宅に 用事のものを届け 仲良しのヒロコさんちの近く迄 車で送ってもらい 予定通り 夫とはバイバイ
1ヶ月半ぶりに 3人で会う 今日は29度と真夏日 日傘を差して 金沢の昔の茶屋街 東山に行く テレビ番組で紹介してたおすし屋さんのランチ
e0014991_23305833.jpg
 ミニサイズの天ぷら お澄ましが付いて¥880 値段が安いのにとても美味しい、、これにはビックリ!
しょっちゅう 観光に来るお客様を案内する東山だが 今回 観光ボランティアの まいどさん〔金沢弁で こんにちはと言う意味〕 に 東山界隈を案内していただく 珍しいこんな物に出会った 
e0014991_23344544.jpg
ツバメの巣造りを防ぐ物 熱い平日だが 観光客も相変らず多い ふとめに入った 優しい女性。。なんと エッセイストの 海老名香代子さんが 数人の方に案内されてた テレビなどでお目にかかるよりうんと小柄だが 控えめなお人柄が感じられる 午後1時過ぎなので時々 髪結いさんから出てくる芸子さんにも数人出合う
e0014991_2339095.jpg
ここは昔は一見さんお断りの格式の高い御茶屋さん街 知らないことを色々お聞きして素敵な時間を過ごした ボランティアなので無料。。
e0014991_23402168.jpg

午後3時50分の特急バスで帰らなければならないので 大急ぎで次の目的地 郊外にある喫茶店での草木染の先生の展示会にカズコさんの車でレッツゴー! お互いにお八つを我慢しているのだがたまにはいいよねえ。。と ケーキとアイスコーヒーで お喋りの続きを楽しみ 大慌てで金沢駅に行き 車中の人となる 今日もあちこち 有意義な一日でした。

[PR]

by htokuyama3 | 2007-06-12 23:12 | ランチ | Comments(0)
2007年 06月 05日

草木染 手描き友禅

先月から 今年度初めての 草木染教室が始まった 今回は 友禅染
型染めのとき 孔雀の図案で いろんな彩色で楽しんだので 今回も 鳥シリーズにしようと 色々考え 今回は二羽の鳥。。。

ということで 鴛鴦のツガイにする 色々 本や はたまた 娘の結婚祝いに頂いた 加賀友禅作家の訪問着の図柄なども見たりした結果 結婚する時に実家から持ってきた花嫁のれんの 鴛鴦の図案を取り込むことに決めた
先ず 図案を下に置き 浜縮緬の布に 青花を面相筆で 写す 青花は水にぬらすと消えるので 下絵用の物
e0014991_2120450.jpg

次に 書いた線を ケーキのチョコレートで字などを書くような細い筒に入れた 糯のりというのりを搾りながら 書いていくと乾いた後 そこが土手のような役割をし 彩色した時など 他の色が混ざったりしない

 とても細かい作業で前回の青花はスイスイ行ったが 糊置きは 神経を遣い 作業をしている間 息を止めるので酸欠になりそう。。と言ったら 笑われてしまったが 日頃 几帳面さに欠ける私としては いつに無く緊張し頑張ったのである!
e0014991_2112531.jpg
 
月に2回の教室なので 半年くらいをかけて制作するそうだが 加賀友禅の本場に住むものとして 小さな作品では有るが 自分で作る世界で一つしかない まさにオンリー1の 作品である毎回とてもワクワクするお教室である しかも先生は 若いイケ面の美大出の2人 平均年齢60代 中には80歳を越える私達女性17人にいつも優しく教えてくださるので 本当に楽しい教室です 

[PR]

by htokuyama3 | 2007-06-05 21:00 | 趣味 | Comments(0)