今日も元気一杯!

htokuyama3.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 06月 27日

お次は皮革なんぞは如何?

ここ数日公私共に忙しくて アップが遅れてしまいました
3日目は 皮革のこものを・・・皮革と籐は 今秋 40歳になる娘が2歳から習い始めたものです。

籐は最初 本を読み独学で幼い子供をおんぶし 電車を3つ乗り換え 渋谷の道玄坂の材料やさんまで買いに言った記憶がありますが 娘が2歳の時に近くで 教室があることを知り お稽古に行きました
当時 お花のお弟子さんだった友人が 子守をする交換条件に 習ったことを教えてと言われ 先生から3個材料を買い 友人に教えるために復習をして教えてあげたので 身に着いたのです。
不器用な私が ただ好き!というだけで 継続は力なりが今日に至っています

皮革は同じ頃に 公民館の10回コースの無料講座で習い4年後 もっと高度な技術の先生について習い 途中 3番目の子供が生まれたが 先生が赤ちゃん連れでいらっしゃいと言ってくださり  ずっと続けられたのです  人に恵まれている私 あちこちの方たちに感謝です
皮革先ず小物から
e0014991_11125350.jpg

ピッグフローラと言われる 5ミリの厚さに漉いた革に塩基性染料で彩色し 最後に雲母染料で和風の色合いを出す技法のコサージュです。
これは小さなバッグで旅行先の夕食の時の為に親友坊やのお誕生日プレゼント用に作りました後のも同じですが色を付けないのとつけたもので私も使っています なを 坊やには別のバラのデザインで作ったものをプレゼントしました。
e0014991_1116594.jpg

多分1000個は超えたと思われる 革の印鑑入れ
e0014991_11191751.jpg


日展作家の恩師 細川郁子先生の色合わせのカードケース 昨年先生は御身体を壊されもう教えを乞うことはできませんが 沢山の図案集や 刻印などを 貴女が受け継いでねと託されました。一緒に写ってるのは籐のブローチ
e0014991_11194972.jpg


2個目の色柄違いのバッグです。
e0014991_11201340.jpg

作品は一杯あるのですが写真を撮らないといけませんね・・・
次回もお楽しみに・・と言いますがこんな稚拙なものをアップするのは良いのかしら?ともう一人の私がつぶやいています
[PR]

by htokuyama3 | 2015-06-27 11:30 | 趣味 | Comments(4)
2015年 06月 21日

5daysアートチャレンジ2日目

入梅したというけれど さっぱり・・お湿り程度でも雨が欲しいです
昨日は母を 内科と 麻酔科に連れて行く 帯状疱疹の後遺症がことのほか酷くて・・・
とても可愛そうなくらい 痛いと言います 
お医者様は ご高齢で 帯状疱疹にかかると かなり長引くので 今後は色々薬を変えて対処しましょうとのこと
新たに週2回 デイサーヴィスにも行き 気分転換を図ることにし 契約など色々 仕事があります 前夜 錦織選手のテニスを見てたので 眠い。。幸い夫がドライバー。。ラッキー!
さて 今日は籐の作品です
e0014991_3522039.jpg
とても細い1.25ミリの本晒しの籐で 花芯 花弁を編み 染めて組み合わせた コスモス
e0014991_3545392.jpg

同じく細い籐で編んだ もじり編みの一輪さし
もじり編みは 透けすけで一見簡単そうですが 難しい上級者向けの編み方です
e0014991_357494.jpg
e0014991_3575790.jpg

女性に好評の 籐で編んだ 薔薇 編んでから染めます
母が退院してちょっとはのんびりできるかと思いましたが 色々行事などもあり ブログネタは一杯ありますが時間がもっとほしいですね  そう言いつつ今年ももう半分になっちゃいました
もっと時間を大切にしたいと思うこのごろです
[PR]

by htokuyama3 | 2015-06-21 04:02 | 趣味 | Comments(3)
2015年 06月 19日

5daysアートチャレンジ

数日前 ネット友達の nokonokoさんから こんな企画のお誘いが来ました

「5days アートチャレンジ」とは…

1日に3点の作品をアップし、次の方を紹介する…これを5日間続けるという企画です

海外のアーティストさんから始まったそうですが、そのバトンがnokonokoさんからまわってきました

次のバトンを ブログをしている人に回してほしいとのことで ちょっと迷ったのですが やってみようかな?と お引き受けしました
過去の作品でも良いとのことなので ・・・
ただ 母の退院 籐の教室 地域のボランティアとここ数カ月は本当に目が回るくらい忙しくて 一日延ばしにしていました
11日に母も無事退院し 12日には ケアハウスのマイルームに帰っていきました。
でも 明日は 金沢の病院に2軒連れて行かなければならないし・・・あ~~忙しい!
さて 一日3点は何にしましょうか・・・
8年前から 月に2回習っている草木染からお披露目したいと思います。


e0014991_17192951.jpg
シルクの楊柳クレープ地のTブラウスに絞り染め
e0014991_17194191.jpg

綿ローン地に羽織物を縫い 大好きなバラの模様を絞って藍染した夏物
e0014991_17265879.jpg

藍染のクッション ここ数年 絞り染めの作品が続いています
[PR]

by htokuyama3 | 2015-06-19 17:28 | 趣味 | Comments(2)
2015年 06月 08日

お友達のお土産

お友達の坊や(高校時代からのニックネーム)が バルト3国の旅行土産を送ってきました

ちょっと忙しいのでゆっくり土産話をというので 詳しい話はまだ聞いていませんが・・・
そこで 琥珀の ペンダントトップと 音楽が好きな私の為にとモーツアルトの楽譜のサブバッグを買ってきてくれました

お友達夫婦は お子様に恵まれなかったので 共通の趣味の 旅行 海外国内に年間の半分くらいは出かけてます
毎年 体力のある内に これが最後かも。。とか 色々 遊んでばかりで気が引ける、、などと言い訳をして 人生を楽しんでる
良いじゃないの~いつか行けなくなる日が来るんだから 他人に迷惑をかけてないから 遠慮せずに行ってらっしゃい~~と後押しをします。
いつも何かお土産と楽しい話を聞かせてくれるので 聞いていて私も楽しくなります。
今回のお土産がこれ!  坊や いつもありがとう!!
e0014991_9531165.jpg

[PR]

by htokuyama3 | 2015-06-08 09:54 | Comments(3)
2015年 06月 08日

豚もおだてりゃ・・

最近 息子の孫が生後4か月になり 涎がすごく出ます

そこで バアバの出番 お嫁ちゃんが キットのベビー用品を買ったが お手上げというので 引き取り その中の涎掛け 今は スタイというそうですが それを一つ作ったが 小さそうなので少し拡大して 手芸店で ダブルガーゼの生地を買い 裏はタオルを利用して リバーシブルのスタイを作りました。
e0014991_940393.jpg


ちょっとリッチに ロイヤルコペンハーゲンのハンドタオル使用
ダブルガーゼのものに タオル地 もう一種類は 涎が沁みないように 以前作ったレインコート時の残り布(シルク混)のも 作りました
e0014991_9422529.jpg


早速送ったら 首回りがピッタシというので 次回はもう少し首回りを大きくして送ってあげよう
まだ布はたっぷり買ってあります
バアバはこんなことしかできないけれど 豚もおだてりゃ・・・です。 ハイ!婆馬鹿です。
[PR]

by htokuyama3 | 2015-06-08 09:45 | 身の回りのこと | Comments(2)
2015年 06月 07日

元気になった母

4月6日に 背中が痛いと訴えた母を 数年前救急車で運ばれ 入院した病院に 連れて行ったら 第12胸椎圧迫骨折と言われた 痛み止めを貰い帰りはすたすた歩き 一緒にランチもしてたそうだが1週間後再び痛い痛いと訴え 私が病院に・・多分入院かな?と思い 長引くようなら落ち着いたら 地元(私の家の)に転院させたい旨を ドクターに話し了解してもらいました

さて何処が良いか?色々思案し 専門家である私のかかりつけでとても親しい整形外科医に相談したら 町立病院の院長が整形外科医で親しいから 言ってあげるからそこが良いよ。。とのことで1週間後 面談のアポが取れて 病院に行くと 何と 面会謝絶 誤嚥性肺炎と感染症とかで個室に隔離・・・

ドクターは今は無理だし高齢なのでいつ何が起こるかわからないという・・・

1週間後 熱も下がり 一般病棟に移った時 大阪から従兄が見舞いに来て あまりにもひどい様子に驚いてた というのは 最初から絶対安静なので尿は24時間管をいれて おむつに・・・
最初 母はおむつの中で排便ができないと嫌がったが仕方なく納得2週間で 表情も暗く 見舞いに行くたびに帰るときには握手を求め 今生の別れのようなムード・・・
一般病棟に戻れたので転院の手筈を進めました 入院して18日後でした。

転院先のドクターに会いに行った日は入院中の病院の先生に夕方6時以降オペが済んでから面談ということでした
転院先の先生に会ったら 本人の現状を聞き 寝たきりにしてはいけないから今夜遅くても 明日午前中にも転院させなさいとのこと!
色々 地域支援センターなどの方とも相談し 夕方では遅いと言われ帰宅後すぐに金沢へ飛んでいき 病院の看護師にまず話し  オペとオペの休憩時間に 看護士を通じてドクターに話し 了解を取り 移送する寝台車の手配  酸素吸入中なのと遠隔地・・民間の車使用  費用は高かったけれど ゴー!

ドクターとはオペが遅れて午後7時にお会いし 紹介状など諸々を頂きました 肺炎も完治しておらず 高齢なので 急変もありますと言われましたが 翌日7時半病院を出発 9時半ごろ 新しい病院に到着

さあこれからが 驚きでした 先ず先生の診察 とても丁寧に体のあちこちを調べ 処方されている薬も見ました 痛がる帯状疱疹の薬の量がこんなに痛いのに少ない!内科の医者と相談しもっと増やそう!
寝たきりは止めて痛みを軽減し リハビリも始めよう。。と驚くことばかり 金沢の病院は看護士任せで殆ど姥捨て山状態 

先生はでっぷりした安定感のある50代半ば? 院長先生です  最初 金沢の病院を離れ田舎の病院に・・と 嫌がってた母 4日後には1カ月ぶりに入浴 洗髪してもらい この病院にしてよかったわ~~
私が決めた通りよ!  え~? 誰が決めたの?・・すっかり自分の手柄に転換!!

院長先生が主治医なのよ 恐縮しちゃうわ・・しかも いつも 頑張りましょうね!って握手してくださるのよ!と
180度変わった母 前向きで生き生きしてます

 幸いなことに徒歩15分の所に 従姉が嫁いでいて 1日おきに 叔母さんオバサンと顔を出してくれます しかも田舎・・と言ってたのに 隣のベッドの方は同い年の94歳で 従姉の親戚のお寺の元坊守さん 従姉も母の実家もお寺ですから 話が合います

さて長くなりましたが 転院して1か月 すっかり元気になり 毎日のリハビリで これまでケアハウスにいたときよりも元気になりました 

 体中の細胞が活性化したようで 運動はこんなにも変えるのかと思います

退院も今週末に決まり また何かあったらいつでもいらっしゃいと言ってもらい 母の住む金沢からは2時間近くかかりますが 私の家から車で30分だし 身内が近くにいるのは心強いので母も久しぶりに能登弁を聴き 心が温かくなったと言います 
先日母の女学校時代の友人から 電話が来て何度も母の部屋に電話してるがつながらない。。と 町内の病院に入院していますと言ったらビックリ! 退院する前に 会わせてあげようと 持ちかけたら連れてって下さい!とのこと
これがその時の写真です 嘘のように明るく嬉しそう。。95歳と94歳の病院での女子会!
すっぴん生活1か月半は母にとっては珍しいが 表情が明るいのでアップでもきれいに見えます
e0014991_6355943.jpg

ちなみに 胸椎圧迫骨折は古い影で 今回は仙骨にひびが入ってそうで 金沢の某病院 もう行きません
病院選びの大切さを思いました 
そして 相談に乗ってくださった先生 何度も転院先の院長先生に電話を入れて色色聞いてくださり 感謝感激 私も母も本当に有りがたいと思っています
やっと 一安心です
[PR]

by htokuyama3 | 2015-06-07 06:50 | Comments(6)