今日も元気一杯!

htokuyama3.exblog.jp
ブログトップ
2005年 09月 15日

活き活きライフ 84歳


  母は去年から 金沢の老人ホームに入っている

秋に 文化展があり 去年は 師範免許を持つ 和紙人形を出品して 入選した

 今年は 本を見て パッチワークのベッドカバーを出すと 春先から 可愛い ボンサンスーの
デザインとデコイ 花 少年などを 自分で図案化し 少しパッチワークを習ってる私に 聞きながら〔ステッチやキルト綿の入れ方などを。。) シングルベッド用のサイズのものを作った

 出来上がったから見に来て。。との電話に 外出のついでに出かけると ロマンチストの母らしく 可愛い作品が出来ていた

 母は昔からとても気が若く 美人でスタイルも良くて 幾つになっても 常に綺麗でいたい・・人
娘の私が たじろぐほど 美に対しての興味が深い

 
e0014991_14101417.jpg
年齢相応、、というのは 時々 もう歳ね・・と甘えるときだけ・・今年も入選するといいね。。と言
いながら 見せてもらった<by clear=all>e0014991_14123672.jpg
[PR]

# by htokuyama3 | 2005-09-15 13:58 | Comments(2)
2005年 09月 10日

のどかな 秋祭り

今日は 我が町内の 豊年満作御礼の 秋祭り
どんどん 都会に人が出て行き 町内全員で お祭りを行う

  近隣に兄弟や子供のいる家は 皆が寄って ご馳走を食べて賑やかだが
我が家は弟たちは仕事が忙しくて わざわざ 来ないし 私たちの子供たちも 遠く離れた 関東地方 中部地方 にいて ここで育っていないので 秋祭りにも愛着もないし 遠いので交通費や時間をかけてくることもない

 友人を招待しようにも 夫は役員のため ずっとお神輿について廻り 夜中のフィナーレにならないと お役御免に ならず 去年も 一昨年も 私は一人のんびりと過ごした

 毎日一緒なので 逆に 自由時間が持てて嬉しいくらい。。

 去年は 分家がお神輿招待だったので お手伝いに行き 孫たちに晴れ着を着せてあげたり 頭を結ってあげたり。。ついでに一緒にご馳走になって 分家でお祭りを過ごした 田舎ってこんな 家族的な嬉しいこともあるのだ

  今年も 一人なんでしょ? 小姑さんや 娘 孫も着てるから いらっしゃいよ~と誘っていただいたが 明日から東京の友人たちが来るので ご馳走の準備に忙しく 遠慮した

  神社は 我が家のお隣 午後1時に お参りがあり 2時に神主さん2人を従えて
お神輿 子供の奉灯 青年団の獅子舞が町内を 廻る

 途中 お神輿招待の家で 休憩〔酒 肴の振る舞い有り〕 それが一巡してお宮さんに帰るのが深夜になる

  去年 数十年ぶりに 途切れていた 旗が出来て 旗の下に飾る 猿子を作ってあげたので
旗のそばをとおると 一寸嬉しく 何度も 紐が 切れたないだろうか?と気になる

   e0014991_14381768.jpgなれぬ田舎暮らしではあるが こんなことでも小さな参加ができて嬉しい
獅子舞も 都会のお正月の獅子舞とは違い 蚊帳の中に 4~5人入り 天狗さんとの対決はストーリーが有って なかなか面白い 夏の間練習した 成果もでて のどかなとても良いお祭りである

e0014991_1448119.jpg
[PR]

# by htokuyama3 | 2005-09-10 14:15 | Comments(0)
2005年 09月 08日

ささやかな幸福感

e0014991_2044249.jpg私は元来 社交的で何処ででもくらせるという自信があった

親戚もいない東京で暮らしたいと言う希望で それもクリア。。もっとも東京に友人が多くて 親友が関東に結婚していったのもあった。。

ただ 何処ででも 外国でも暮らせれる。。という自信があった そして 親戚も 親兄弟もいない都会で 仕事が忙しい夫は子育てもすべて私任せだった そこででも たくましく 地域にも溶け込み 友人も一杯作り 28年快適に過ごしてきた

5年前こちらに転居 夫の生家 実家には車で30分。。それなのに 価値観の違い 言葉の違い・・・何たることか!

同じ日本 外国ではない。。というのに 生まれたことも育ったことも無かった関東のほうが 何故かしっくりしていた。。最初から違和感が無かったのである。。。

先週 関東から友人夫婦が遊びに来てくれた 夫も私も 話す言葉が 弾んでいる!
こちらに転勤してきた長男が月に一度 我が家に帰ってくるときも同じ・・・来週 また別の友人二人が東京から遊びに来る 千客万来! 多分 機関銃のように 標準語でおしゃべりするんだろうなあ・・・ささやかな 至福のひと時である・・・

[PR]

# by htokuyama3 | 2005-09-08 20:44 | Comments(4)
2005年 09月 07日

台風の影響

大型台風は 九州地方 四国地方に 大きな被害を残し 今日は 日本海沿岸を北上している
 わが 石川県にも かなり影響のあるような 予報が出ていた

  昨日の朝早くに 近所の りんご農家のご夫婦が 台風で落とされる前に収穫に行ってきたら沢山 りんごが落ちていたので 奥さんなら 色々調理してくれると思って。。。と コンテナ1箱持ってこられた

  落ちて半分腐ったのや 鳥に突かれたものが殆どで きれいに洗って 傷んだところを取り除いたら 3割になってしまった
早速 ジューサーでフレッシュジュースを作る  なんと 3リットル出来た!
甘くて美味しい  あとは 青い小さいものが 30個くらい有る

冷凍できないし  やはり ジャムか 煮りんごにして アップルパイかなあ?
ジャムは 今年 イチゴジャムを沢山作ったし ブラックベリージャムも沢山作ったし・・

心配した台風は こちらは 雨も降らず風もあまり吹かず 被害は無かったようで 農家の方はやれやれ  だろう。。。良かった  良かった

[PR]

# by htokuyama3 | 2005-09-07 21:39 | Comments(0)
2005年 09月 02日

男性も更年期?

退職をしてずっと一緒に行動してる わが夫婦 殆どが夫のペースで進められている

つきに2回ほど 両親の見舞いや 用事で 金沢に出る 往復 150キロの距離

出たついでに 銀行のことや他の用事もこなすのだが すべて 夫の頭の中で組み立てられていて 私は 常に 随行員のように 夫のペースに合わせる 

必ず 昼食はとるのだが その日の夫の気分で 食べる店 食べるものが決まる  たいてい 夫の好きな 回転寿司かラーメンまたは 中華料理だ

  私は 毎日自分で料理を作っているので 家では作りにくい フレンチやイタリアンのランチを食べたいのだが 夫は嫌だといい 私が従うしだい。。

だから 自分だけでたまに出かけるときは友人に 私の好きなものを付き合ってもらうことにしている そんなわけで 夫と一緒に出かけるときは 自分を殺して行動する

今日も 関東の家の固定資産税を振り込む用事が有り 田舎町には 指定の銀行がないので金沢の銀行に。。と話していたのだが てっきり 夫が用紙を持ったとばかり思っていた

私〔税金の用紙どうしたっけ?〕 夫(お前が持ってるだろう?) 私(え~~?知らないわ)
というと いきなり 怒り出して 〔お前はいったい 今日は何をしに着たんだ!) 私〔ただくっついてきただけよ・・だって 全部貴方の頭の中のペースで動くんだから 黙ってくっついているしかないでしょ?) 

次に 怒り出したのは 自分で行きたい 骨董やさんが見つからず 車で市内をうろうろ。。そのうち ここに入ると行くかなあ?と細い路地を聞く、私は さぁ~?知らないわ。。

夫は 金沢の町はあまりなじみが無い 一方 私は高校も金沢市内 学校を卒業して金沢に帰ってきて就職したのも 金沢 花嫁修業も金沢 友人も 市内に一杯いる それなのに 日頃 金沢に遊びに行きたいというと機嫌が悪くなるのに こんなときに限って 聞いてくる・・

さあ 知らないとそっけない返事をしたものだから またまた 切れて プッツン!私に投げつけた言葉が 使えない奴だ・・と のたまう・・いい加減にしろ!と言いたかったが 喧嘩は大人気ないので 申し訳ございません 使えない女で・・と 知らん振り・・

男性にも更年期があるというが 更年期だと思えば 我侭も許せる・・

その後も ずっと不機嫌で いろいろ我が儘し放題 それでも 義父の世話 など幾つもの用事をサポートしたら 帰りの車では 確か〇〇〇店に行きたいって言ってたなあ行くか?

と 罪滅ぼしなのか言ってきたが 流石にムッとして 別に~(お世話にはなりませんの心境である。。。e0014991_22445640.jpg) /b>
[PR]

# by htokuyama3 | 2005-09-02 22:12 | Comments(5)
2005年 08月 28日

世代交代?

今から 15年前 義父が重病を患い 入院 その後は 両親揃って 老人ホームに入居した
それから 10年は 空き家になった家に 年に4回 関東から通って 家の管理に当たっていた私達
5年前 これ以上 家を放置できず 他の用事もあり 子供たちを残して 田舎にユーターンしてきたが 両親は都会の便利で自由がある老人ホームが気に入って 一緒に田舎では暮らさぬ。。といい それ以来 病院に行くときや 入退院のお世話をするだけだった

 お盆に帰宅すると 必ず 義父は家中を点検 掃除などが行き届かないと 注意をされたので 毎年お盆が近くなると 広い家の内外 掃除が大変だった

 また 何か 家具の配置換えなどをすると 機嫌が悪くなるし 新しく 買っておくとこれまた 機嫌が悪くなる

  年をとっても 我が家の当主は自分であり 勝手は許さぬ!と言う風なので センスの悪い(趣味の違う) 置物など じっと我慢で過ごしてきた

 先日 夫が もう親父は家には来れない  というのは 今年も1泊した朝 体調を崩しすぐに病院にユーターン 今年は家の中の巡回もなし。。 だったので 少し 住みやすくしようと言い出した

 今日は 居間を整理する 床の間には 趣味の悪い 石の置物 2種類 義母がその前に置いた 整理棚〔中には どうでもいいものがどっさり・・・)

 義父の愛用の 座机 この引き出しには 42年前の夫の大学の授業料振込み証明書が・・・とにかく こんなものを保存する必要が???というものばかり

  違い棚の 上と下の 押入れにも 薬箱にも 20年以上前の薬がどっさり・・・

  3人の息子の結婚式の もろもろ記録ノートも 次男 三男の 指輪の値段も分かったり
面白い  面白い 

  中には わが長男が小学一年のとき 送った手紙が。。なかに 肩たたき券3枚つづり。。女性用と 男性用が・・・何と微笑ましいことだろう

今までの5年間は 私たちの寝室は自分好みにリフォームして住んでるが それ以外は ずっと 借家のような。。両親の目が光っているような気持ちで居た 

ただ もし 自分に立場を置き換えると 息子夫婦に勝手にのっとられるような気持ちにもなるだろうし たまに帰宅したとき 他人の家のようでは悲しいと思い ずっと触れないできたが 色々 不便なこともあり今回 少しずつ使いやすい家にすることにした

 田舎の家は とても広い 決して使いやすい訳ではないが 少しずつ 使いやすくしていきたい

 明日は 中の間 そして 広間 離れ。。。ア~~~当分 古い書類や 面白いものともご対面かな? どうせなら  楽しみながらやっていこう。。と いつもの ノー天気の私は
どこまでも  明るい。。単に  馬鹿か???

[PR]

# by htokuyama3 | 2005-08-28 10:48 | Comments(0)
2005年 08月 25日

いまどきの カップル

昨夜の温泉での 2次会のスナックでのこと
10時半を過ぎて 私達 男性3人 女性2人が 入っていくと 男性3人グループと若い仲居さん2人の組と もう一組は 40代半ばのオジサンと20代半ばの女性のカップルが カラオケを楽しんでいた

 男性3人組は なかなかの美声 カラオケを楽しんでいる 元気な若い(20代前半) 仲居さんは タンバリンをたたき 楽しげに 掛け声をかけて踊って歌って サービスしてて こちらも 微笑が出る。。温泉に着たからには 楽しまなきゃ。。。

 中年男性と若い女性のカップル  男性は見てるだけ  女性は 今風の唄をとても上手に次々歌い 仲居さんとも一緒になって 踊って唄って 最初は連れなのかと思うほど。。

途中で男性組が帰って 別の組と判明  私たちの唄にも 拍手やエールをくれるので
お上手ねえ。。というと 久しぶりなの~~と。   

      私はあまりにも 明るくて 嫌味のない態度に
一緒にいた友人に  あの二人って 親子?  友人たちは 口を揃えて  んな訳ないよ。。

  私の頭の中では 不倫や忍ぶ恋  なら ひっそり お部屋で過ごす。。大衆の面前で開けっぴろげに カラオケできる??と不思議。。

    仲間の男性たち  いいよなああんな若い子と・・・
頑張れば?。。と女性たち。 明るい分だけ 本当に恋愛ではないのかも・・
それにしても 私には 考えられないなあ。。。

  たまには 世間を見る機会もいいもんだと 帰宅して 早速 連れ合いに報告したe0014991_10173055.jpg

[PR]

# by htokuyama3 | 2005-08-25 09:58 | Comments(0)
2005年 08月 20日

 好きなことをできる幸せ

お盆が開けて やっと 気分的に 暇になった
庭の草は 一日も待たず 次々と 新しい芽が出て うっかりすると すぐ一面 緑の絨毯・・・

作りたいと思っていた 手仕事を開始する ずいぶん久しぶりなので 嬉しくて仕方が無い

夫は そんな姿の私が好きらしく。。と言えば 聞こえがいい。。単に家に居てくれるのが好きなだけ。。
無口で自分にとって必要と思うこと意外 しゃべらない夫とのくらしは おしゃべりな私には田舎に着てからは 自由な時間が持てず 時々いらいらする

でも 好きな手芸に没頭できる嬉しさに 夫の無口は 全く気にならないから 私も勝手・・・

ルンルン気分は当分続きますe0014991_7806.gif・・・

[PR]

# by htokuyama3 | 2005-08-20 06:57 | Comments(0)
2005年 08月 18日

今年は豊作

にわか百姓の我が家 畑地は 他人に貸していたくらいなので 沢山ある

 健康と安心した食材を求めて 簡単なものを作っている
去年は トマトは 鳥に食べられ 途中でネットを購入し 少しだけ収穫した
今年は 初めから 上からも下からも入れぬようにネットで覆ったので フルーツトマト2本 ミニトマト2本 桃太郎【普通のサイズ】2本 すべて 生育良好
おまけに 脇芽を 挿したら 見事に立派なトマトの木になり こちらは ネットをしなくても鳥が食べない。。今年は トマトを食べる鳥は来ないのかも。。

おまけに 去年より 追肥を施すということも 学習したので(夫が) 追肥をやるたびに 実も次々できて 二人では食べきれない ご近所は 皆さん 農家の本職 こんなものではない

その上 幼馴染が 後半になって生るから。。と ナスときゅうり オクラの苗をくれた
そちらも 順調に実り 嬉しい悲鳴を上げている

食べきれない食材をどうするか? 保存食の本を見て トマトは ドライトマト トマトピューレを作る

きゅうりは ピクルス 塩漬けにしたものはその後 奈良漬けに・・

e0014991_6542916.jpg
都会の友人は ネオンもコンビにも 何にも無い田舎暮らしは 暇で 死にそうなんじゃなあい?
というが  とんでもハップン 忙しいのである でも きっとこんな暮らしが 良い暮らしというのかなあ??無いものねだりで 都会の火が時々 恋しくなるのも事実・・・

来月の秋祭りには 豊年満作の御礼でお宮さんに参拝しよう。。といっても お宮さんは我が家の隣なので わざわざ行かなくてもいいかな?

[PR]

# by htokuyama3 | 2005-08-18 06:36 | Comments(0)
2005年 08月 17日

心の広さ?

衆議院選挙で 郵政法案反対派を封じ込めるために 小泉政権は 色んなことをやって マスコミをにぎわしている
民主主義って 本当は なんなのだろうか?
身近なことだが  例えば 自分と違う意見や考えを 力関係で押し倒したりする人がいる
趣味や 興味のあることまでも その強い人が 右向け右!といったら 皆が 心の中で嫌だなあ~~~と思いつつも従っていたり。。違った意見の人を仲間はずれにしたり・・

子供のいじめ問題も 結構 大人の中でもある
相手の立場を考えて 自分と意見や考え方が違うからと言って 自分の価値観で断定するのはよくないと思う

先日 親戚のものが遊びに来た 私は久しぶりに 皮革のものを作っていた
素的ねえ・・材料も買って作るんだね?   そうよ いいでしょう?

自分で作ったら材料費だけでできるね。。うん  そうよ。。でも結構手間がかかるのよ。。との会話から   材料費 ¥5000くらい?   と言う。。
まさか? 裏も表も 牛革 糸や金具もいるし そんな安くないわよ・・と 私

流石に びっくりしました 少なくても その3~4倍の 材料費なのです

でも 趣味事などしたことも無く ずっと おばあちゃんに家のことをしてもらって お勤めをしていたのですから 手工芸のことなど 知るはずもないのだし・・・こんなことからも
自分の知っている世界 他人の世界 すべてが同じはずも無く  ましたや 都会に長く暮らしてきた私と その人とでは お互いに知らないことだらけ・・

お陰で お互いの世界を知り合うことで 世界も広くなると言うもの いろんな人と付き合って
お互いを認め合ってこそ 広い心で 暮らせる  つまらない独りよがりの価値観で
折角の人生を狭く行きたくないものだと思う

それには 広い心で 相手の立場 相手を認め合うことが すべての平和に繋がるような・・・
選挙演説ではないが そう思うe0014991_1421417.gif

[PR]

# by htokuyama3 | 2005-08-17 13:52 | Comments(0)