今日も元気一杯!

htokuyama3.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 26日

6月18日ウイーン市内観光

朝一は先ず 世界遺産 シェーンブルン宮殿に行きましたが マリーテレジア時代からの 素晴らしい宮殿 しかも広い!
今年は女帝マリアテレジア生誕300年だそうで 宮殿広場にはこんなものも
e0014991_15504042.jpg
e0014991_19203681.jpg
入館するにはすごく厳しいセキュリティチェックを受け リュックサックや大きいバッグは禁止でロッカーに入れなければならないので 私のショルダーバッグを夫に貸し 私は小さめのショルダーを持って行ったので間に合わせました勿論中は撮影禁止 フランスに嫁いだマリーアントワネットの部屋なども展示されててみっちり3時間でした。
階段も多く 昔の方は大変だったなあ・・
とにかく調度品や天井のフレスコ画 ナポレオンの部屋 当時世界で最も綺麗だと言われてた皇妃 エリザベート(通称シシイの化粧室などなど)ハプスブルク王朝の栄華が伝わりました

昨夜のオペラ座の写真が出てきました 夫のカメラで3階席からの景色
e0014991_15515279.jpg
今思い出しても素敵でした 国立オペラハウスは年間360日 オペラかバレイの公園が開かれているとのことでした 
また ニューイヤー公演ではチケットの入手はなかなか難しく 日本人は振袖などでドレスアップしてボックス席にいる方も結構いるそうです
シェーンブルン宮殿のあとは ベエルベデーレ宮殿へ・・・
 
e0014991_19512232.jpg
ここは 19.20世紀の絵画館としても有名で クリムト シーレ ゲルストス
モネ や マネなどの絵も見ることができ なんと あの有名なクリムトの接吻の絵が
すぐ目の前に。。ガラス越しでなく 手で触れる位置に・・もちろん触らないけれど
ビックリでした フラッシュさえつけなければ写真もOKでした
e0014991_19575109.jpg
e0014991_20002290.jpg
クリムトの ユディット
ここで 今回注目の デーメルのお店 ザッハトルテの2番目に有名なお店でのランチでした
今回はフルコースで デザートにデーメルのザッハトルテが出ました 食事はすべてスマホで撮りました 後で食事編でアップするつもりですのでここは ごめんなさい!
午後は 世界遺産 ウイーン歴史地区観光 シュテファン寺院  うっかり写真撮り忘れ!暑くて一寸ボーっとしていました
フォルクス庭園は 大好きなバラが一杯咲いててニッコリ!
e0014991_20075550.jpg


e0014991_20093249.jpg
そのあとはウイーン最後のフリータイム 足も歩き疲れて動きたくな~い・・と思いずっとずっと憧れていたホテルザッハ本店のカフェでお茶をと思ったら長蛇の列時間がもったいないと思い 旧王宮内にある シシイ美術館に行きました 皇妃エリザベートの生涯のすべてを展示されていて 興味深く見ました 男性にはどうかな?と思ったが主人もまあまあ良かったと言ってましたたっぷり2時間かかり集合時間になり 夕食のレストランに。。。連日ヨーロッパは異常気象とスペインの山火事で 熱波に見舞われてて 食事の飲み物は 水もビールもコーラも同じ値段 ならばビールかワインでしょ!ピルスナー(生)ビールの美味しい事!空気が乾燥してるので 全く酔うということが無くて 不思議でした
[PR]

# by htokuyama3 | 2017-07-26 20:24 | 旅行 | Comments(2)
2017年 07月 26日

ウイーンの夜

クルーズから降りて 夕食後 楽しみにしていた 国立オペラ座でのオペラ鑑賞でした
所がウイーンに入ったら 大きな通りはどこも進入禁止
この日はLGBT? 違ってるかも? 性同一障害や レズ ホモの方の解禁を訴えるパレードの日で街中になかなか入れません
偶然ですが 去年ドイツのフランクフルトでもここより 度派手なパレードを楽しませていただきました
やっとぐるぐる運転手さんが頑張ってレストランに・・・美味しいロールキャベツのディナーを楽しみ バスに乗り オペラ座を目指しますがここでもスムーズに行けず ついに 開園時間に間に合いませんでした
この日の為にドレスアップし チケットもアップ料金の御咳を予約した方(なんと¥40000とか・・) 勿論1万アップの方もいたようでしたが・・・
e0014991_15311886.jpg
e0014991_15301091.jpg
時間通りに開園ですから私たちは残念ながら第一幕は6回の別室の大スクリーンで見る羽目に。。でも大きな画面で主役の歌手がアップで見れました
素敵なウイーンオペラ座の正面階段です、
2幕から指定席に案内され リゴレットの 2幕3幕を見ました 
中での撮影禁止なので残念ですが 馬蹄型のオペラハウスの音響の素晴らしさは言葉に表せない感動でした
やはり 生は最高!
後日談 第一幕が見れなかったので 添乗員さんがお詫びですと。。何とホテルザッハの小さなザッハトルテを1個づつプレゼント! 将にキャア~でした嬉しくて・・・

[PR]

# by htokuyama3 | 2017-07-26 15:41 | Comments(0)
2017年 07月 26日

 6月17日5日目  オーストリア メルク修道院からウイーン

e0014991_14470050.jpg
e0014991_14434787.jpg
チェコ~オーストリア(ザルツブルク ウイーン)と二か国目に入っていますが陸続きなので国境を越えても違和感がありませんが 国境を超えると1時間以内にドコモの携帯の皆に ドコモから国際電話のお誘いメールが入ります  しっかりgpsが見張ってる?3時間ゆっくり車窓を眺めて 世界遺産の(この旅行は世界遺産めぐりなので) メルク大修道院に到着
11世紀に建てられたベネディクト派の修道院で10万冊の蔵書を持つ図書館やバロック装飾の豪華な礼拝堂など素晴らしいですが写真は駄目!
入り口はOKで日本人のスタッフも常駐です
e0014991_15003989.jpg
外見だけはOKでした マリーアントワネットがフランスに輿入れするときに長い動中 宿泊したり 母親のマリーテレジアなども宿泊していて 学校なども併設している
現地のガイドさんもこの学校出身だが 勉強が難しくて上の学校には進まなかったそうです ウンベルト、エーコの小説 薔薇の名前 の舞台としても有名とか いつか読んでみたいですね
沢山の信者さんが世界中から訪れるのでレストランも大人数入れます 勿論ランチはここでした  外観は撮影OK 
e0014991_14443247.jpg
屋上からはドナウ河と近くの街が見えます
食事のあとはドナウ河 バッハウ渓谷のクルーズ 河の両岸には朽ち果てた中世のお城などが見えて 栄華衰勢がみえます  のどかな景色も見えてのんびり船旅を楽しみます
e0014991_14454622.jpg
e0014991_14462706.jpg
e0014991_14461168.jpg
愛犬君もクルーズ 
e0014991_14453059.jpg
エンジョイ中
子供はどこの国も可愛い
e0014991_14472117.jpg


[PR]

# by htokuyama3 | 2017-07-26 15:17 | 旅行 | Comments(0)
2017年 07月 26日

6月16日ザルツブルグ後半

ハルシュタット湖畔でランチとフリータイムを楽しんだ後 ザルツブルグの市内に戻り ミラベル庭園  ここは大司教が愛人(司教は結婚できなかったので 事実婚をしてた)の為に造らせた素晴らしい庭園 薔薇が終盤でした ミラベル宮殿には今回は入れなかったが・・・中ではコンサートも開かれます
e0014991_21531732.jpg
e0014991_13545340.jpg
すぐ傍にはモーツアルト大学もあり 中から楽器演奏の練習する音も聞こえます  将に音楽の都!
e0014991_21504112.jpg
旧市街に向かうと モーツアルトの生家や カラヤンの家なども見られる
昔友人たちから学生時代に カラヤンと呼ばれたことがあり(合唱をしてたので)ちょっと カラヤンの銅像にあえて 半世紀昔を思い出したり…笑
e0014991_21515050.jpg
e0014991_21511459.jpg
橋を渡ると
e0014991_14102935.jpg
高台にそびえるホーエンザルツブルグ城や教会が見えます
そこでフリータイム 街中なので市場(果物や花なども見えて楽しい)
有名なチョコレートのお店で
e0014991_13574493.jpg
e0014991_13593444.jpg
かの有名なフュルストのモーツアルト玉と呼ばれるチョコレートを並んでやっと2個買いました とても美味しくて ちょっと?お高い!夜ホテルで仲良く1個づつ食べました
また広場にある1705年創業の テラスで食べられるというホームメードケーキが有名な
トマセリで 思い出に ウインナーコーヒーを楽しみました
お腹が一杯でこの後夕食だったのでちょっと残念でしたが 毎回こんなお店で思い出に何かしら頂くのが私と夫の楽しみです
e0014991_13585288.jpg
なを 世界最古のレストランもここザルツブルグの修道院内の岩山をくりぬいたところにあるそうですが 行けなくて残念!でした



[PR]

# by htokuyama3 | 2017-07-26 14:25 | Comments(0)
2017年 07月 02日

6月 16日ザルツブルク  ハルシュタット

e0014991_23232348.jpg
ザルツブルクは行く前から興味があった 映画サウンドミュージックでザルツブルク音楽祭という文字が 若いころから妙に頭に残っていたからです
さて今回は ザルツブルクの由来のザルツは英語でソルト 塩です ハルシュタット塩抗は古代に造られた岩塩抗内の見学ツアー山麓駅からはゴンドラに乗り塩抗内部に入ります
その後工夫
e0014991_23025915.jpg
さんと同じ作業服に着替えますというのは作業の時滑り台で坑内に降りるためお尻に革の当てが付いたズボンと上着を借りるのです サイズも豊富。。。トロッコ。。楽しい~~
e0014991_23034196.jpg
次に滑り台 古代の塩の知識などを聞いてちょっとだけ お勉強
e0014991_23041864.jpg
e0014991_23135891.jpg
坑内見学のあとは 麓のハルシュタット湖畔でランチのあとフリータイム
この土地の教会でもサウンドオブミュージックのマリアとトラップ大佐の挙式ロケが粉われたそうで リゾート地なのでお土産屋さんや しゃれたホテルなどが一杯でした
街中にはきれいなバラが。。グラハムトーマスも迎えてくれて。。ニッコリ
e0014991_23192539.jpg
深紅のバラも
このあとザルクブルク市内に戻ります 
ハルシュタット湖の近くには サウンドオブミュージックの マリアとトラップ大佐の結婚式が行われたロケの教会も有ります 素敵な街でした
e0014991_23213775.jpg




[PR]

# by htokuyama3 | 2017-07-02 23:27 | Comments(1)
2017年 07月 02日

6月15日 プラハからチェスキークルムロフへそしてオーストリア

プラハを出て181キロチェコのチェスキークルムロフへ走りました。ここはブルタヴァ河がくるりと丸く蛇行する高台にたたずむ中世のお城です
e0014991_22223866.jpg
だまし絵技法で 窓が描かれてたり 部屋の天井がまるで丸くなっているようにだまし絵で描かれてて面白いお城でした
e0014991_22233450.jpg
オーストリア国境近くボヘミア貴族ロージェンベルク家が13世紀に築城 高台のお城から下の旧市街に行くとブルタバ河では河遊びに興じる人達 暑い日だったので涼しそう・・
e0014991_22230226.jpg
チェコは独自のお金を使ってる コルナという単位でこの町がチェコ最後なので使ってしまわないと換金できないが。。フリータイムが少なく 絵葉書を数枚買ったが ゆったりのお国柄 買い物少しに時間がいっぱいかかる 焦る・・・最後にソフトクリームを2人で買いました
冷凍の果物2種類を選ぶとミキサーで砕きソフトクリームとミックスした状態で出てきます
私は イチゴとブラックチェリー 夫は何だっけ??とにかく36度という暑さで美味しかった
e0014991_22273992.jpg
そこから3時間オーストリアのザルツブルグに移動です  スペインの山火事の影響でヨーロッパは熱い空気が上空を流れているとか。。北海道と同じ緯度と聞き半袖をあまり持ってこなかったのでエアコンの効いたバスの中は天国でした
e0014991_22373477.jpg
途中のサービスエリアでウインナ珈琲を飲むと 飲んだと同じカップが貰えるとのことで勿論頂きました
でも帰宅しスーツケースを開けたら1個割れててガッカリ只だからまあ良いか! お高かったボヘミアングラスは勿論無事!気の使いようの差でした。
e0014991_22404781.jpg


[PR]

# by htokuyama3 | 2017-07-02 22:44 | 旅行 | Comments(0)
2017年 06月 14日

チェコ プラハ Ⅱ

プラハ城一帯をゆっくり散策後 石畳の下り坂を歩きカレル橋を通り旧市街に向かいます 坂の上からの旧市街の眺望は素敵!
e0014991_11133114.jpg
これは 旧市街からプラハ城を見た写真です
e0014991_11081526.jpg
上 これが旧市街です プラハは百塔の街と言われる 塔が一杯です
王の道カレル橋 有名な作曲家スメタナの モルダウ 河に掛かってます
学生時代 合唱部に居たので スメタナのモルダウはNHK合唱コンクールで歌ったのでつい口ずさみましたモルダウというのはドイツ読みでチェコ語ではブルタブ河が本当だそうです
e0014991_11131194.jpg
橋には聖人の像が一杯有り一番有名な聖ヤン ネポムツキー 皆さんご利益があるよう像のあちこちをなでなで・・・
e0014991_11124693.jpg
橋を降りたら有名な恋人の聖地です 
e0014991_11122360.jpg
大道芸人も音楽家
e0014991_11112614.jpg
ヨーロッパの街並みはどこも絵になり写真を取ってもついつい場所や名前を忘れてしまいま

旧市街には スメタナ博物館や ミュシャ美術館を内蔵している市民会館など 2.3日ゆっくり街歩きすると良いなあ・・と思いました
午後はフリータイムでしたが私たちはちょっと郊外のクトナーホラのオプション観光に出かけました 続く


[PR]

# by htokuyama3 | 2017-06-14 16:06 | 旅行 | Comments(2)
2017年 06月 13日

美しき中欧周遊の旅 チェコ

去年7月にドイツに10日間行ってその旅行記がまだです でもこちらも記憶が薄れない内に 先にアップしようと思います
幸い帰国後田舎に帰り1週間のオフがあり時差ぼけとのお付き合いの中なので一寸ヤバいかな?と思いつつ 写真を眺めつつ 書くことにしました 
70近い私なので誤字脱字などはどうぞお目こぼし下さい あくまでも 記憶と記録のためのものです


羽田空港から12時間 ミュンヘンに飛び そこからプラハに乗り換え ホテルについてまず
は1日が過ぎました 機内食はドイツ風 ルフトハンザ航空ですから勿論旅の出発を祝い私はドイツビール 夫はスコッチの水割りで乾杯したのは恒例の事
e0014991_10261387.jpg
ミュンヘンまで3本の映画を見ました ホテルについてぐっすり眠ると時差ぼけが出ないのです
先ずは プラハ城に・・・
プラハ城はボヘミア王家の居城と宗教施設群一帯の総称です
朝早かったのでスイスイ車は進み 9時の衛兵交代式もゆっくり見られた イケメンばかりです
e0014991_10212018.jpg
e0014991_10213200.jpg
市内最大のゴシック様式の 聖ヴィート大聖堂にはミュシャのステンドグラスも
e0014991_10215656.jpg
王宮の中は広い!
e0014991_10205830.jpg
e0014991_10204100.jpg
大聖堂の他に聖イジ―教会や黄金の小道には当時の要塞を守った兵士の館が
今は いろんなお店になり中には当時の生活を見せる場所などがあります 私はついつい
こんな店にシャッターを押してしまう…笑
e0014991_10221687.jpg
e0014991_11024449.jpg
続く。。。。



[PR]

# by htokuyama3 | 2017-06-13 18:30 | Comments(0)
2017年 06月 08日

今月最後の教室 シルバーハウス

毎月1階 町のシルバーハウスで手芸を教えています
10数人のお元気な老人の方たち 本当に教える立場だが教わることも多くて 楽しい教室です
今日は エコクラフトテープで ボンドで貼るだけの小物入れです
皆さん とっても やる気満々!
e0014991_21365311.jpg
簡単なようですが 結構大変な所もあり たっぷり2時間かかりました
e0014991_21370662.jpg
一寸ヒントを上げたら チャレンジされて 教える方も嬉しい!
さあて 今月はこれから 車で東京に行き その後
ちょっと お空の旅行です 帰国は22日 自宅に帰るのは26.7日ごろの予定です
しばし 留守にしま~~す!


[PR]

# by htokuyama3 | 2017-06-08 21:54 | Comments(0)
2017年 06月 07日

タイトな一日

午前中 パッチワーク教室に行き 帰宅するや否や 金沢に向け出発 目的地は 金沢の郊外みある 湯涌温泉の竹久夢二館
ここで 夢二と同世代の日本画家たちの美人画展をやっているので 行ってきました
うえむ
e0014991_21360236.jpg
上村松園や 伊藤深水などなどの大家の絵が 10センチのアクリル板の向こうにあるのです
髪の毛1本1本 などが手に取るように見ることができ 最高でした
テレビでもPRしてますが 入館者は ちらほらで ゆったりと作品が見られます

しかも!シルバー料金¥200! 東京なら少なくても¥1000でしょう
本当に良い時間でした もう一度見ても良いかな?
館内の階段には 夢二の有名な絵 黒船屋 の人形なども飾られています 
e0014991_21361847.jpg
帰りに 旅行にと。。洋服を買い その足で整形外科で腰の治療。。。今日も一日 あちこちに走り回り 走行距離は 130キロ。。疲れたけれど良い日でした


[PR]

# by htokuyama3 | 2017-06-07 21:35 | Comments(0)