今日も元気一杯!

htokuyama3.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2018年 01月 08日

嬉しい良き日

今年のお正月は誰も来ないので・・この言葉何度目?と言われそう ゆっくり好きなことをしました 元旦は 暮れのパッチワーク教室の宿題の一部を。。 
2日目 3年越しの懸案の 新潟の友人へのパンツ作り 最初から2日は作るぞ!と計画し 夫に きみえちゃんに約束したパンツやっと作る時間が出来たから明日作るわ。。と言ってたら メールで 忘年会で穿けたらいいななあと思ってたのよ。。と催促が 
まあ以心伝心かしら?という訳で黒いニット地をずいぶん前から買ってあったのを出して 夕方には縫い上げたが 広幅のベルト用ゴムの買い置きが無い!慌てて10キロ離れたショッピングモールに買いに行き仕上げ おまけに食べたい食べたいと言われてた かぶら寿司も入れて宅急便で送りました
3日は 午前中 ちょっと友人一家が立ち寄るというので 玄関だけでとお聞きしてたので舌がお子さん4歳がさっさと靴を脱いで上がろうとしたので 寒いからどうぞと温かい居間にお通ししたが 恥ずかしい。。散らかってたが後の祭り
でも素敵な旦那様ともお会いできたし。。(友人は私と2回り年下なのでお子さんは孫と同い年。。。) ですから 御持たせのものは色々ばあばの心尽くしを準備してたので問題はないのだが お茶だけで悪かったなあ…と反省  どこかで挽回せねば・・・・

3日午後から 縫おうと思ってた ガウチョパンツにチャレンジ 昨年東京で友子さんとデイトした折 素敵なのを穿いてた ワイドパンツ?と聞いたらガウチョパンツ!2016年1月号のおしゃれ工房に載ってると聞き 10月中に図書館で借り 型紙 縫い方コピーし手有ったものです
凄く上等なウールの布をお友達からもらったのがあり 用尺もバッチリ!ガンガン縫いました 説明がとても丁寧でおまけにポケットの付け方も素晴らしい こんなに簡単に綺麗にできるんだ…と嬉しくなりました
新年会に穿いて行こうとワクワクしています
写真の右がガウチョパンツ 左が友人へのパンツです
e0014991_13205527.jpg
タイトルの嬉しい日はこれから・・・
3年前 兄の急死を 台湾の黄さんに年賀状を出し忘れたので電話したとき 年末に奥様が亡くなられて事を聞き ショックでそれ以来連絡をしていなかったのですが最近(去年から)矢鱈に気になり でも電話をして ご本人が出られないと日本語が通じないし・・としり込みをしてた 新年5日に 1昨年知り合った 台湾人(ご主人が日本人で日本在住)の鄭さんが台湾に行ってくるとのことで 彼女なら台湾語で聞けるので電話番号や住所を教えて消息を聞いてほしいとお願いしてあったのです  それが6の夜11時半(時差で向こうは10時半) 連絡が付き ラインで黄さんのお誕生日のお元気な写真も…翌日 お電話を下さるとのことでした
93歳になる父の教え子の黄さん 奥様も埼玉の我が家にも何度も泊りがけでいらしたり 私も6回も行ってて親戚のような関係です。 勿論お子様も良く存じてますが 言葉が。。。。
今更英語が話せたらと思いますが もう手紙を書く気力が無いから電話が良いとのことでこれからもお付き合いしましょうと。。。本当にうれしい日でした
e0014991_13304935.jpg
これは私との通話を息子さんが撮ってラインで送られてきたものです
ちなみに元お医者様 かくしゃくとした姿素敵です 台北でも冬は毛糸の帽子マフラー姿 やはり寒いのね

[PR]

by htokuyama3 | 2018-01-08 13:33 | Comments(2)
2018年 01月 03日

2018年明けましておめでとうございます

e0014991_11531490.jpg
拙い私のブログに来て下さる 皆様に 今年も良い事がありますよう祈っています
今年もどうぞよろしくお願いします
今年も 通常と同じ二人だけの静かな お正月です
一応 お節も作りましたが 夫の反対で お重は止めて 骨董市でゲットした 塗のオードブル容器をチョイスしました。
ふたの表は 赤漆での唐草模様に鳳凰が金蒔絵で描かれたおめでたい模様です
中には仕切りが乗せられているので 洗うのも簡単 でも古いもので一部漆が乾き割れて地の木が出ています ベークライトと違うのが 逆に本物と思えてお気に入り
紅白かまぼこには 犬の模様が可愛い 元旦はこのお節を選びました
黒豆 田作り 五目なます 等々 既製品はかまぼこと伊達巻 いくら 他は一応手作りです
e0014991_11540385.jpg
e0014991_11541613.jpg
e0014991_11544079.jpg
お雑煮は写真を撮り忘れましたが 実家はなぜか関東風で 昆布とかつお節の澄まし味
具は 大根 人参 椎茸 筍 鶏肉 里芋 百合根がベースで 庭の三つ葉を吸い口にします 今年は柚子が不作で有りませんが 暮れに我が家で搗いた 伸し餅を焼いて入れます

嫁に来た年は 婚家は 純粋な能登のお雑煮で元旦は 昆布出汁に ゆっくり茹でた煮餅を入れてしょうゆで味を付けたシンプルなものでビックリしました  おまけに2日は 茹でた小豆に茹でた餅を入れて テーブルの真ん中に年代物のガラスの入れ物に入った砂糖を各自が好きなだけ入れる 善哉風  これも驚きでした
実家で迎えた年は義母に従いましたが 関東でお正月を過ごすようになり実家のお雑煮が定着して今に至っています。
2日は 箱根マラソンを見ながら 3年越しの友人への約束のパンツを縫いました
忙しくて布を買ってあったのにできなくて このお正月を逃すと難しそう。。。誰も来ないし やはり好きな手仕事で 今年も明けました
 2日目は 生きエビの塩焼き
e0014991_12140872.jpg
 毎年1度だけ買う米久の山賊焼(スペアリブ)
e0014991_12160121.jpg
デザートチーズがニューフェース
e0014991_12145268.jpg
e0014991_12165683.jpg
 飲むのはいつもイタリアワインと決まっています 今年もバランス良い植字と変化にとんだ生活で元気に頑張ろうと思います どうぞよろしくお願いします

[PR]

by htokuyama3 | 2018-01-03 12:22 | Comments(2)